【ブログ】ギター・マガジン4月号発売!
』 Catalinbread / New Dirty Little Secret   Mad Professor / Bluebird Overdrive Delay ギター・マガジン4月号、ぜひチェックしてみて下さい! Mad Professor ) One Control / BJF Buffer 『SPECIAL REPORT 2013 NAMM SHOW』 Mad Professor One Control 『ProductsNews
【ブログ】NCIS、村松さんからペダルボードの写真をいただきました!
、Bearfoot Pale Green Compressor、Mad professor Sweet Honey Overdrive、Crowther Audio Hot Cake す。カスタムのジャンクションボックスを使用し、Mad Professor New Deep Blue Delay、接続されていない謎のスイッチ(DI?)、KORG DT-10、ヴォリュームペダル
【ブログ】Young Guitar 1月号発売!
Mad Professor シンコーミュージック「Young Guitar 1月号」 Young Guitar 1月号で、以下の機材が掲載されています! Gary Mooerのペダルボードに、Mad Professor Deep
【ブログ】SHAKALABBITS YOSUKEさんの最新ペダルボードです!
、KORG Pitchblack、BOSS CS-2、Mad Professor Blueberry Bass Overdriveが並びます。 ベーシストらしい、シンプルですがこだわった使いやすいボードです!YOSUKEさん、ありがとうございました!
【ブログ】GIGS4月号発売!
Ever Shoe Gazerが置かれています。       新製品紹介ではMad Professorの新作、Bluebird Overdrive Delayが掲載されています。 GIGS4月号、ぜひチェックしてみてください!  
【ブログ】GiGS10月号発売!flumpoolやKenのボードに注目です!
Mad Professor シンコーミュージックからGiGS10月号が発売されました! flumpoolの尼川元気さんが、Mad Professor Blueberry Bass Overdriveを使用中です! さらに
【ブログ】THE EFFECTOR Book Vol.20発売中!
Mad Professor み作り」の手ほどき!』で、マーシャルJCM2000とMad Professor Sweet Honey Overdriveの組み合わせが紹介されています。   『激安オーヴァードライヴの潜在能力』にて Nokina Design Surcustomのビルダー、Shun Nokina氏インタビューが掲載されています! Mad ProfessorのHarri Koski氏のインタビュー! 『名人直伝!「歪
【ブログ】グッドモーニングアメリカ、金廣真悟さんのエフェクターボード!
、Bearfoot Hiney Bee OD、Devi Ever GODZILLA、Mad Professor New Forest Green Compressor、Selah Effects Feather Drive、Mad Professor New Mellow Yellow Tremoloが使われています。そしてLine6 M9の下には全体を制御するOne Control OC10が置かれて
【ブログ】いまみちともたかさんから、ペダルボードの写真をいただきました!
Control Sonic Blue Twanger、Durham Sex Driveを使用中!   こちらはレコーディング用とのこと。Mad Professor Sweet Honey 、Sonic Blue Twanger、Sea Turquoise Delayが設置されています!   こちらはクラブギグ用。Mad Professor Stone Grey Distortion、One
【ブログ】NCIS、村松さんの最新ボード!
DT-10、Bearfoot Pale Green Compressor、Mad professor Sweet Honey Overdrive、Crowther Audio Hot Cake、そして
【ブログ】"忘れらんねえよ"、梅津拓也さん最新ペダルボード!
コンプレッサー、とても評判が良いのです。 他にはMAD PROFESSOR Blueberry Bass Overdrive、One Control Granith Grey Boosterに加え、ARC
【ブログ】今勢いに乗る[Champagne]のライブに行ってきました!
Professor Ruby Red Booster。 下段はチューナーのBOSS TU-2に続いてOne Control Chrocodile Tail Loopを使っていただいています。 全て、実際のステージで 、Blueberry Bass overdrive、ノブが隠されているのはTECH21 Sansamp Red RipperとCrews Maniac SoundのSVD-001。そしてMad TightMetal、Mad Professor Mighty Red Distortionが続きます。チューナーはブラックのKORG DT-10ですね。 下段にはErnie Ballのヴォリュームペダルのあと 、ギター・ヴォーカルの川上 洋平さんの足元です。 JHS 808、Mad Professor Sweet Honehy Overdrive、MXR EVH Phase90、BOSS DD-3と 性的なペダル、Red Panda Particleがおかれていました。 そして、ベースの磯部 寛之さんのボードです。 Mad Professor Forest Green Compressor
【ブログ】FOUR GET ME A NOTS、石坪 泰知さんのペダルボード!
、Blueberry Bass Overdrive、t.c.electronic Flashback Delay、Electric Blue Chorusを使われています。 Mad Professor、One
【ブログ】エフェクターブック発売、今回はスイッチャー特集です!
/ BJF Buffer 『NEW PRODUCTS REVIEW』     『2013 NAMM Show Report』 Mad Professor / Amber Overdrive WMD
【ブログ】GIGS最新号、掲載商品をご紹介!
Masf POSSESSED Mad Professor Little Green Wonder Bearfoot Guitar Effects Pale Green Compressor   黄色と
【ブログ】the HIATUSのライブに行ってきました!
Crocodile Tail Loop(ブルーの限定バージョン)、そしてMad Professor Sweet Honey Overdriveです。ボードの外にはDunlopのSLASH ST200、Electro-Harmonix POG2、Mooer Acoustiker、Mad Professor Amber Overdrive。 Lovepedal OD11、Line6 DL4
【ブログ】the HIATUSライブでのmasasucksさんの最新機材セッティングです!
す。右手前から、初期バージョンのJudderがあり、OC10のmasasucksカラーバージョン、そしてMad Professor Sweet Honey Overdriveです。 ボード外では、右側 Volume、Mad Professor Royal Blue Overdrive、Line6 M9、Strymon TimeLine、MXR Carbon Copy Analog Delayがありま
BJFE / Model R
ディストーションバージョンが、MRです。 MRでの実験は、後にMad Professor MRDへとつながります。MRDとMRの音色と回路は関連していますが、同じものではありません。MRは、Mad Professorとして発 されました。当初は3ノブのスタイルでした。 もともと、EGDMとLGWの中間的なモデルとして制作された、回路違いのLGWカスタムモデルであり、Mad Professor SBOD(BJFE
【ブログ】木村カエラ公演、行ってきました!
Chrocodile Tail Loopでシステムをコントロールしています。 エフェクターは最新のDigitech Whammy5にMORLEYのMerveric、そしてMad Professorがずらっと並ん Mad ProfessorのElectric Blue Chorus、Subdecay Spring Theoryリバーブが置かれています。 こちらはメインのボード。 One Control -20、Electro-Harmonix Bassballs さらに、Mad Professor Blueberry Bass Overdriveが2台と、奥にはIron Ether QF2が見えてい
BJFE / Model R 5K
ディストーションバージョンが、MRです。 MRでの実験は、後にMad Professor MRDへとつながります。MRDとMRの音色と回路は関連していますが、同じものではありません。MRは、Mad Professorとして発売するにはセンシティブすぎるため、MRDはEQ部分を改変し、多くのアンプやスピーカーでも安定して使用できるようにされています。 結果、MRDはより重たくディストーションらしい音色となり 、同時に発表されました。当初は3ノブのスタイルでした。 もともと、EGDMとLGWの中間的なモデルとして制作された、回路違いのLGWカスタムモデルであり、Mad Professor SBOD(BJFE
See more