【ブログ】ツインフィルターで母音のような音を作る、オート”ウェイ”ペダル!Moody Sounds Way!

【ブログ】ツインフィルターで母音のような音を作る、オート”ウェイ”ペダル!Moody Sounds Way!

_DSC2027.jpg

一般的なオートワウは、1つのフィルターをインプットエンベロープに応答して動かしたり、LFOで動作させたりしてワウワウした音を作ります。

フィルターが2つになると、うまく調整することで人が話しているような母音のような音を作ることができます。

Moody Sounds Wayは、そんな母音をエンベロープに合わせて作る、オート”ウェイ”ペダルです。


Moody Sounds Wayは、タッチセンシティブな”オートワウ”エフェクトです。2つのパラレルバンドパスフィルタで構成され、クラシックな「A-O-A」タイプの母音以外の母音にも対応しています。
2つのバンドパスフィルタはトーキングキャラクターをサウンドに加え、2つの中心周波数をToneとVoiceノブでコントロールすることで、E、I、U、Yなどの母音を発声させることもできます。

_DSC2026.jpg

ペダルにはDOWN/UPノブがあり、スウィープを自在にコントロールできます。上または下方向に最大限にスウィープするだけでなく、少しだけ範囲を抑えるように調整もできます。12時位置では2つのトーンコントロールを備えた「半止めワウ」のような音色となります。

ENVELOPEコントロールはギターの音に対してどの程度素早く応答するかを調整できます。
VOICEノブは回路のレスポンスと”スピーチ”のセンスのエンハンスや倍音までのスウィープが可能です。

RESONANCEを最大にすると、よりシャープな音色を作ることもできます。最大から少し下げると穏やかなワウサウンドに近くなります。

バンドパスフィルタはLM13700チップを使用しています。

人の声のようなサウンドは、音声スペクトル内の2つのバンドパスストップ、「フォルマント」f1とf2で定義されます。例えば、f1が240、f2が2400なら「I」、f1が390、f2が2300なら「E」となります。

Wayには内部にトリムポットを備えています。アウトプットレベルはボリュームを微調整し、エンベロープのセンシティビティや、エフェクトのレスポンス(Bias/Attack)を調整することができます。

moodysound-way-v1.01.jpg
【ブログ】Mooer GE300とGE200のエクスプレッションペダルを適切に設定しよう!

【ブログ】Mooer GE300とGE200のエクスプレッションペダルを適切に設定しよう!

Moody Sounds / BJFE Analog Reverb Kit

Moody Sounds / BJFE Analog Reverb Kit