【ブログ】これが”電波系”エフェクターの真髄!Copilot Fx Arrow Airwaveが奏でる”電磁波”サウンド!

【ブログ】これが”電波系”エフェクターの真髄!Copilot Fx Arrow Airwaveが奏でる”電磁波”サウンド!

_DSC2012.jpg

まさに”デンパ”なトーン。

強風、電波干渉、スパーク・・・さまざまなブラストサウンドを求めるプレイヤーに。
Arrow Airwavesは異なった音のレイヤーを重ねることの出来るホワイトノイズジェネレーターです。

破壊的なホワイトノイズを常時出力し、そこに楽器の音色を加える事で、退廃的な演出が可能。
ノイズと楽器の音色のミックスをエクスプレッションペダルで操作することも出来、Broadcastを使えば個性的なトレモロサウンドにもなります。
特にディレイやフィルターと組み合わせると最高です。

Arrow Airwave_190827.jpg

機能も強力。

1.インプットジャック:楽器や他のペダルのアウトプットからのケーブルを接続します。
2.パワージャック:アダプターを接続します。スタンダードなセンターマイナスのDC9Vアダプターで駆動します。消費電流は15mAです。
3.アウトプットジャック:アンプや次のエフェクターへのケーブルを接続します。
4.FREQ:ホワイトノイズの音色を調整します。
5.Trigger:このトグルスイッチは、シグナルの入力でWNGをトリガーするかしないかを設定します。トリガーしない時は、Sensitivityを0に設定し、ノーシグナル時にWNGとなるよう設定します。
6.WNG:ホワイトノイズの音量を調整します。
7.VOL:楽器の音量を調整します。
8.Sensitivity:トリガーセンシティビティを調整します。
9.MIX:ホワイトノイズと楽器のバランスを調整します。エクスプレッションペダルで操作することもできます。
10.LED:エフェクトON時に点灯します。

【ブログ】70年代の東ドイツのディストーションサウンドは、まるでグランジだった。Fredric Effects Verzerrer!

【ブログ】70年代の東ドイツのディストーションサウンドは、まるでグランジだった。Fredric Effects Verzerrer!

DSM Noisemaker / Sub Atomic

DSM Noisemaker / Sub Atomic