Malekko Heavy Industry / HELIUM MKII

Malekko Heavy Industry / HELIUM MKII

HELIUM-01.jpg

Malekko Heavy Industry / HELIUM MKII
マレッコヘビーインダストリー / ヘリウムマークツー

Malekko Heavy Inustry HELIUM MKIIは、世界的なアナログシンセデザイナー、Todd Wolfgramの設計をMalekkoが制作するアナログペダルです。Todd Wolfgramは伝説的なStudio Electronicsでエフェクトペダルを制作していました。

Malekko Heavy IndustryとTodd Wolfgramの数ヶ月にわたる作業により、新しくなったHELIUM MKIIは、オリジナルの機能をさらに強化し、スタンダードな電源とコンパクトサイズとなって生まれ変わりました。

HELIUM MKIIは、強力なオクターブアップを組み合わせたオクタヴィアスタイルのディストーションペダルです。Texture、Octaveスイッチでヴィンテージタイコブレアの金切り声から、クリアで甘く歌うようなオクターブまで様々なトーンを選択することができます。

Mixコントロールにより、クリーントーンをブレンドすることもでき、ゲインとダイナミックなレスポンスの相互作用が生み出すサウンドにより、最も扱いやすいオクターブアップペダルとなりました。

私はオクターブペダルが好きだったが、だからこそ常にフラストレーションを抱えていた。あまりにも使える幅が狭すぎる。このペダルなら、いろいろなオクターブを作ることができる。

──Todd Wolfgram

●標準的なオクターブアップ
Mix:100%
Octave:Vintageモード
Texture:Fullモード

特にDriveを高く設定するとアグレッシブなトーンとなり、Driveを下げればバッキングで音が飛び散ることがあります。これらはトレードオフです。

●モディファイ

OctaveスイッチをWOLF1、WOLF2モードにすると、Driveを最小にしてもギターのVolumeコントロールでオクターブを生成できるため、クラシックなオクターブペダルよりも繊細なサウンドを作ることができます。

WOLF1モードはブライトかつドライでリード向けのトーン、WOLF2はヴィンテージスタイルのサウンドのまま、DRIVEを下げたときの感度を高めていますが、VINTAGEモードほど攻撃的ではありません。

Textureスイッチは生成されたオクターブ固有のスパイクを強調、または調整するウェーブシェイピングコントロールです。Octaveスイッチとの組み合わせで様々なアタックを作り、シグナルとミックスすることで擬似的なフィードバックオクターブシフトを生み出します。

Mixコントロールはまさにクリーンブレンドです。ミックスすると音色が少し暗くなります(アッパーオクターブはクリーンとクラッシュするのではなく、オリジナルの上にオクターブが重なります。)Mixを最小に設定すると、下部オクターブに少しだけエッジを追加します。同様に、Mixを最大に設定すると、上のオクターブにエッジが加わります。

Driveコントロールはエフェクトサウンド全体に影響します。Driveを最小に設定し、Mixを最大に設定してOctaveスイッチを切り替えると、このペダルの動きが理解できます。

HELIUM MKIIは9V電池、またはスタンダードなセンターマイナス9VDCアダプターで駆動します。消費電流は50mAです。

種類:ディストーション、オクターバー
アダプター:9Vセンターマイナス
電池駆動:9V電池
コントロール:Volume、Drive、Mix、Texture、Octave

HELIUM-02.jpg
HELIUM-03.jpg

価格:オープンプライス

malekkoheavyindustry-heliummkii-v1.01.jpg
Malekko Heavy Industry / GOATKEEPER

Malekko Heavy Industry / GOATKEEPER

Malekko Heavy Industry / DOWNER

Malekko Heavy Industry / DOWNER