【ブログ】シンプル操作で10タイプのIRを切り替え!Shift Line CabZone Assembled!

【ブログ】シンプル操作で10タイプのIRを切り替え!Shift Line CabZone Assembled!

_DSC1945.jpg

アナログペダルのようなシンプル操作で、ハイクオリティなデジタルキャビネットシミュレーターを。

IRをロードできるシミュレーターは、いかにも「デジタル然」としたものが多いですが、そういう操作が苦手な方にも、ハイクオリティなIRキャビネットシミュレーターを簡単に使える、それがCabZone LEです。

ギタリストやベーシストは、好みにアンプやキャビネットがあります。しかし、いつでもそれをフルに鳴らせるわけではありません。自宅での演奏や、レコーディングで新たなサウンドを試す時などに、ハイクオリティなキャビネットシミュレーターは効果的です。

アナログキャビネットシミュレーターも、PAにラインアウトする際などに有効な手段でしたが、細かな部分までを再現するのが難しく、細部まで再現できるサウンドは限られていました。

IR(インパルスレスポンス)を用いたデジタルキャビネットシミュレーターは、驚くほど細かな部分まで、様々なスピーカーキャビネットをマイキングしたサウンドをシミュレートすることができます。

_DSC1946.jpg

CabZone LEは、そんなIRを手軽にロードして使うことのできるシンプルなキャビネットシミュレーターです。
本体には10種類のIRが付属していて、microSDカードを用いて新たなIRを読み込むこともできます。

ステージでも、リハでもレコーディングでも、自宅での練習でもリアルなスピーカーのサウンドを手軽に使うことのできるキャビネットシミュレーターです。

●入出力
IN:インプットレベルを切り替えられる入力端子です。
THRU:キャビネットシミュレーターを通さないサウンドを出力します。アンプに接続する際に使用します。
OUT:ミキサーやPAにキャビネットシミュレーターを通したサウンドを直接出力します。
AUX:3.5mmステレオインプットで、外部オーディオ(mp3やドラムマシンなど)を接続します。ここからのシグナルはヘッドフォンアウトからのみ出力されます。
ヘッドフォン:3.5mmステレオヘッドフォンアウトです。
9-18VDC:センターマイナスDC9~18Vアダプターを接続します。
microSDスロット:外部IRをロードするためのmicroSDカードを挿入します。

●内蔵IRとmicroSDカードスロット
CabZone LEには10種類のインパルスレスポンスがインストールされています。Fender、Marshall、Orange、Peavey、Mesaと2つのベースキャビネットを含みます。microSDカードを使用して、最大10種類のサードパーティIRをロードすることができあmす。
microSDカードが挿入されている時、カードのIRがロードされ、カードが挿入されていない時は内蔵のIRがロードされます。
フォーマットされたmicroSDカードを挿入すると、内蔵のIRを含むフォルダシステムが作成されます。こうすることで、内蔵のIRを外部機器でロードすることもできます。
サードパーティIRを使用する場合は、ここで作成されたmicroSDカードのフォルダにあるIRを上書きします。対応するIRはコンプレッションされていないモノラル24bit 48kHz WAVE PCM1ファイルです。IRレングスは940サンプルです。より長いIRをロードすることもできますが、ロードされるのは最初の940サンプルのみです。
IRは11モードのCABINETノブを使って選択します。OFFの位置ではバイパスとなります。

また、microSDカードを使用して、ファームウェアアップデートを行うこともできます。対応するmicroSDカードはFAT32フォーマットの1MB~32GBです。

shiftline-cabzoneleassembled-v1.01.jpg
【ブログ】これは発想の勝利!超シンプルなパッシブスプリッター/ミキサー!Boredbrain Music SPLIX!

【ブログ】これは発想の勝利!超シンプルなパッシブスプリッター/ミキサー!Boredbrain Music SPLIX!

【ブログ】世界中で人気!小型ハイクオリティアンプ、BJF-S66、おまたせしました!

【ブログ】世界中で人気!小型ハイクオリティアンプ、BJF-S66、おまたせしました!