【ブログ】タップテンポ対応、さらなる機能も追加して進化した人気ディレイ、VAHLBRUCH Space Time Creme Knobs!

【ブログ】タップテンポ対応、さらなる機能も追加して進化した人気ディレイ、VAHLBRUCH Space Time Creme Knobs!

_DSC1811.jpg

独自のこだわり、技術を持ったハイクオリティなドイツのエフェクターブランド、VAHLBRUCH。ファールブルーフと読みます。人気モデルのディレイが新しくなりました。

Vahlbruch SpaceTime は、タップテンポでディレイタイムを設定できる、機能的なディレイ/エコーペダルです。
最高のスイッチングを実現するため、VAHLBRUCH ならではのMagTraBスイッチングを搭載し、アナログ回路の利点とデジタルディレイの強みを独自のスタイルで融合したハンドメイドエコーです。

暖かく、深い響きを持つディレイペダルでありながら、直感的に操作でき、ペダルを発振させてクラシックなディレイ特有の効果を作ることもできます。
入力されたドライシグナルは完全にアナログのまま出力され、内部のパラレルデジタルシグナルパスにてディレイが作られます。
そのディレイシグナルはアナログシグナルにミックスされて出力されます。

_DSC1812.jpg

SpaceTimeには3つのコントロールノブがあり、シンプルにディレイサウンドをコントロールできます。Timeでディレイタイムを、Repeatsでディレイの反復回数(フィードバック)を、そしてMix-Levelでディレイの音量を調整できます。

さらに、トグルスイッチでディレイサウンドをブライト、メロウ、そしてダークへと切り替えることもできます。順にディレイシグナルのトップエンドがカットされ、暖かく深い、ナチュラルな響きのディレイへと変わります。もちろん、ドライシグナル(原音)には影響を与えません。
もう1つのトグルスイッチはタップテンポで入力されたディレイタイムのサブディビジョン(分割)を切り替えます。1/4、1/8、付点1/8から選択できます。
Timeノブを回せばタップテンポの設定が上書きされます。

そして、2つのフットスイッチはMagTraBスイッチを採用しています。
スイッチ部にマグネットを組み込み、スイッチを踏み込むとマグネットが基板側のセンサーに近づきます。その磁力の変化を感知し、内部のリレースイッチを切り替えます。
機械式スイッチのように物理的に回路が切り替わったり、多くのクリックレススイッチのようにボタンが押されたりといった接触が一切ないため、いつまでも故障せず、スムースでクリックレスなスイッチングが行えます。

また、内部に設置されたDIPスイッチにより、バイパスモードの切り替えが可能です。
トゥルーバイパス、バッファードバイパス、キルドライ、トレイルON/OFF(バッファードバイパスのみ)を選択することができます。

●コントロール
・TIME:ディレイタイムを調整します。最大ディレイタイムは600msです。
・REPEATS:ディレイの反復回数を調整します。高く設定すると自己発振します。
・MIX-LEVEL:ディレイサウンドの音量を調整します。
・TONE:ディレイの明るさを3段階で切り替えます。
・TAP DIVISON:入力されたタップテンポに対する割合を4分音符、8分音符、付点8分音符から選択します。
・ON/OFF:エフェクトのON/OFFを切り替えます。
・TAP:ディレイタイムをタップテンポで設定します。
・内部スイッチ(5つのDIPスイッチ):バイパスモードを設定します。
1=on/2=off:トゥルーバイパス
1=off/2=on:バッファードバイパス
3=on:ドライON
3=off:キルドライ(原音をカットし、ディレイだけを出力)
4=on/5=off:トレイルON(エフェクトOFF時に最後の残響を残す)
4=off/5=on:トレイルOFF
※トレイルONはバッファードバイパスON時にのみ有効
初期設定はバッファードバイパス、ドライON、トレイルOFFです。

vahlbruch-spacetimecremeknobs-v1.01-02.jpg
Area51 / Clone McCoy Wah

Area51 / Clone McCoy Wah

Mr. Black / Mini Echo Delay

Mr. Black / Mini Echo Delay