【ブログ】マリーゴールドの奏でる羨望の音。ワンコントロールからの新たな提案。One Control Marigold Orange Overdrive!

【ブログ】マリーゴールドの奏でる羨望の音。ワンコントロールからの新たな提案。One Control Marigold Orange Overdrive!

_DSC1786.jpg

特定のアンプを再現するAIABや、BJFEオリジナルモデルを新たに作り直すBJFEシリーズとは違う、新しいオーバードライブです。

数々の名機と呼ばれるオーバードライブやブースター、さらには本物のアンプのような音も出せるオーバードライブなど、今では様々なスタイルのエフェクターが簡単に手に入ります。

ギタリストがオーバードライブに求める音は言葉にすればシンプルで、ギターの音色を際立たせ、前に出しつつ、弾いていて気持ちがよく、絶妙なエッジを持つサウンドです。それは、多くの伝説となったサウンドにも共通し、ロックの始まりから今に至るまで、ギタリストが求め続けているトーンです。

Marigold Orange OverDriveは、その特徴を突き詰め、今のギタリストにとって最も必要なサウンドを作るためのオーバードライブです。

ギターは、接続するアンプの特性によっても大きくそのサウンドが変わります。
真空管アンプや、同等のサウンドを出すことのできる上質なアンプ、さらには高品質なデジタルモデリングアンプなどには、アンプへのインプットシグナルを大きく変えることなく、同時に美しいエッジとギターを前に出すために軽くミッドレンジが持ち上がる音色が、ギターやアンプの持つ音色を際立たせます。

一方、従来のトランジスタアンプや、クラシックなアンプモデリングでは、より強くギターの重要な帯域を前に出し、しっかりとした歪みを作るトラディショナルなオーバードライブが求められます。

_DSC1787.jpg

Marigold Orange OverDriveは、それらの特徴を併せ持つオーバードライブペダルです。
接続するアンプの特性に合わせ、アウトプット端子の下にあるスライドスイッチを切り替えるだけで、アンプのトーンを際立たせるFLATモードと、よりオーバードライブらしいサウンドを作るMIDモードを選択することができます。

このスイッチでは、MIDモードを選択すると800Hz付近を+6dB程度持ち上げることができます。
FLATモードでは、同じく800Hz付近にピークを持ちながら、低域と高域をさらに広げ、ギターのシグナルを余すことなくアンプへと伝えることができます。

クラシックなオーバードライブは、ミッドレンジを意識するあまり、ローミッドから下が削れすぎてしまうこともあります。
一方、ギタートーンに味付けをせず、そのままアウトプットするようなオーバードライブは、フラットなレスポンスを意識するあまり、倍音成分が薄くなってしまうことがあります。

_DSC1788.jpg

Marigold Orange OverDriveは、ローミッドにしっかりとした芯を持ちながら、同時に自由に倍音成分をコントロールすることができます。一般的なオーバードライブよりも1オクターブ上の領域に設定されたTONEコントロールで、フラットなレスポンスを持ちながら倍音成分を失わない、華のあるオーバードライブサウンドを作ります。

ライブステージやスタジオ、バンドなどにより、スイッチを切り替えるだけで真空管アンプの音色を際立たせるか、トランジスタアンプを“対策”するかを簡単に選ぶことも、デジタルアンプモデリングを使っていてなにか物足りない“あとちょっと”を手に入れることもできる、まさに今のギタリストが求めるオーバードライブペダルです。

ギタリストには2つのタイプがある。
Marigold Orange OverDrive(MOOD)を好むタイプとPersian Green Screamer(PGS)を好むタイプだ。
───Bjorn Juhl

oc-marigoldorangeoverdrive-v1.01-01.jpg
oc-marigoldorangeoverdrive-v1.01-02.jpg
【ブログ】ディレイを爆音化できる効果が面白い、Mattoverse Swell Delay!

【ブログ】ディレイを爆音化できる効果が面白い、Mattoverse Swell Delay!

One Control / Marigold Orange OverDrive

One Control / Marigold Orange OverDrive