【ブログ】ベースの素性がそのまま表現されるドライブペダル!One Control Hooker' Green Bass Machine!

【ブログ】ベースの素性がそのまま表現されるドライブペダル!One Control Hooker' Green Bass Machine!

発売からもうずいぶん経ちますが、じつは未だに動き続けているベースオーバードライブ。

分かる人には分かるそのサウンドの良さ、そして同時にこの小ささ。本物のベーシストにこそこのサウンドを体験してほしい、そんなペダルです!

_DSC1752.jpg

One Control Hooker's Green Bass Machineは、ベーシストが求めるベースアンプの特性、音色だけでなく深みのあるフィーリングまでを小さな筐体に収めました。
ベースチューブアンプはオールドスクールなロックサウンドには欠かせません。チューブアンプならではのコントローラブルな音色、フィーリングは代えがたい魅力があります。
また、古いSUNNのベーストランジスタアンプなどは、モダンベースアンプでは作ることのできないハイレベルな歪みを持ち、多くのプロベーシストが絶対に手放そうとしません。
Hooker's Green Bass Machineは、多くのライブハウスやスタジオなどで使われている、モダンなベーストランジスタアンプを使い、ベースチューブアンプやオールドトランジスタアンプの持つ音やフィーリングを得られます。そのままHooker's Green Bass MachineをOFFにすれば、もちろんモダントランジスタアンプの音になります。
現代のベーシストが実践で最も触れる機会の多いモダンベーストランジスタアンプと、この小さなHooker's Green Bass Machineを組み合わせれば、多くのベーシストが求めるベースアンプサウンドが網羅できるのです。

Hooker's Green Bass Machineはベースチューブアンプに匹敵する広いダイナミクスレンジで、ベーシストの指先の表現を逃しません。クリーンと歪みのパーシャルな領域もスムースに移行し、強く歪めばオールドトランジスタアンプの華やかで安定したコンプレッションの音色となるため、意のままにベースを操ることができます。
指弾きならば絶妙なタッチを逃さず、ブルースやフュージョンからハードロック、メタルまで、グルーヴを的確に表現します。鋭くなりすぎないアタックと粒立ちの良さは、ピック弾きでの疾走感にもたつきを残しません。スラップをすれば、サムピングではパーカッシブな音の塊が飛び出し、プリングした音は安定して伸びます。
思いのままに歪みをコントロールできることは、余計な力を抜いた快適なプレイングへとつながります。

さらに多弦ベースを使用するヘヴィな楽曲には、サイドのLowトリムポットが力を発揮します。Hooker's Green Bass Machineは十分なローエンドを持っていますが、それでもローエンドが不足する際にはトリムポットを回してみてください。

音と価格があっていない。音が良い割に安すぎる。そうかもしれません…だからこそ、多くの方に体感していただければと思います。

RedShift Effects / MIRAGE

RedShift Effects / MIRAGE

【ブログ】伝説は語り継がれる。同じ形で。Ceriatone Centura

【ブログ】伝説は語り継がれる。同じ形で。Ceriatone Centura