【ブログ】トモ藤田さん、レコーディングセッションにPBRを使用!

【ブログ】トモ藤田さん、レコーディングセッションにPBRを使用!

_DSC1674.jpg

世界的なギタリストとして多くの活動をされているトモ藤田さん から、今週のレコーディングセッションで使った機材の写真をいただきました。

unnamed (16).jpg
unnamed (17).jpg

ヴィンテージTS10やワウ3機種、ボリュームペダル、Vemuramなどのエフェクターのなかに小さなリバーブペダルが!

One Control Prussian Blue Reverbです。大変気に入っていただいています。

_DSC1675.jpg

今のPBRはKill Dryスイッチが切り替えやすくなっています!

Prussian Blue Reverbは、理想的な反響を作るためのリバーブエフェクトです。この反響を作るため、歴史上様々なリバーブシステムが作られてきました。リバーブのためだけの部屋を設けたり、プレート、スプリング、そしてデジタルリバーブ……リバーブエフェクトの歴史的な進化は、理想的な反響を追い求めたものでした。

現在、デジタルエフェクトの技術は発展し、歴史的なリバーブエフェクトは簡単にシミュレートすることができます。かつての名盤で奏でられた音を求めるなら、これらのシミュレートはとても有用です。また、リバーブエフェクトに新たなアイディアを加えた個性的な新しいエフェクトも、とても素晴らしい効果を作ります。

Prussian Blue Reverbは、それらの歴史的なシミュレートやリバーブから派生したエフェクトとは違います。
BJFは、実際にギターやベースをプレイする際、プレイヤーが本当に求めるリバーブを目指して開発を行いました。

濃厚で強力なスプリングリバーブや、オクターブアップをかけた幻想的な“エフェクターとして”のリバーブトーンではなく、常にONにして使うことで楽器の持つポテンシャルを最大限に発揮するための“理想的なリバーブトーン”を求めたのです。

トモ藤田さんによる動画も必見です!

【ブログ】自然なアタックを重視した、機能的コンパクトコンプレッサー!Amptweaker PressuRizer !

【ブログ】自然なアタックを重視した、機能的コンパクトコンプレッサー!Amptweaker PressuRizer !

【ブログ】シンプル操作で機能的なスイッチングを!Moen GEC9が新しくなりました!

【ブログ】シンプル操作で機能的なスイッチングを!Moen GEC9が新しくなりました!