【ブログ】コンパクト、扱いやすくて機能的。Cusack Music Tap-A-Dealy Deluxe!

【ブログ】コンパクト、扱いやすくて機能的。Cusack Music Tap-A-Dealy Deluxe!

_DSC1557.jpg

コンパクトペダルのサイズ、アナログ感覚で操作できるペダルでありながら、7種類のモジュレーションやタップテンポ、発振スイッチも備えた機能的で扱いやすく、音も良いディレイペダルです!

_DSC1558.jpg

Cusack Music TAP-A-DELAY DELUXEは、デジタルディレイとオリジナルアナログシグナルをミックスできる最大750msまでのディレイペダルです。
構造はデジタルディレイですが、サウンドはアナログ。クリアで完璧なリピートを作るディレイではなく、音に濁りが混ざり、それが暖かく美しく反響するアナログサウンドです。

コンパクトなペダルの中に、多彩な機能を凝縮しました。ディレイサウンドを設定するLEVEL、MIX、FEEDBACK、DELAYノブに加え、タップテンポでのディレイタイム設定も可能。タップテンポはTapスイッチを2回押せば設定できます。その時、入力したテンポに対し、8分、付点8分、4分のテンポを設定できます。MODノブは8ポジションのロータリースイッチです。多彩なモジュレーションのテーマ、スタイルを選択することができます。

そして、“DELUXE”モデルでは、中央のFLOATスイッチによりフィードバックループを瞬間的にコントロールすることができます。FEEDBACKを低く設定していれば、浮遊感(Floating)のあるアンビエントサウンドに、低く設定していればフィードバックの暴走による自己発振を簡単に発生させることができます。
さらにミニスイッチによってFLOATスイッチを押した状態でのプレイにエフェクトをかけないようにすることも可能。フィードバックを背景としてプレイを際立たせることができます。

さらに内部にはディレイリピートのトーンを調整するEcho Roll Offポットを内蔵。最大で明るく、クロックノイズを増やしたサウンドとなり、最小でダークで暖かなトーンとなります。2時辺りの位置がミドルグラウンドなトーンです。

●コントロール
LEVEL:音量を調整します。
MIX:原音のシグナルとディレイシグナルのバランスを調整します。
FEEDBACK:フィードバックシグナルを調整します。高く設定するとリピートが多くなります。
DELAY:ディレイタイムを50~750msの範囲で調整します。このノブを動かすとタップテンポでのディレイタイム設定が上書きされます。同様にタップテンポスイッチでディレイタイムを設定すると、ノブの設定が上書きされます。
MOD:8タイプのモジュレーションスタイルを設定します。選択できるのは下記のとおりです。
1.OFF:モジュレーションをかけません。
2.Low:軽いモジュレーションです。
3.Medium:もう少し強めのモジュレーションです。
4.High:強めのモジュレーションです。
5.Insane:強力、強烈なモジュレーションです。
6.Too Insane:超強力、超速のモジュレーションです。
7.Warp Down:ディレイタイムが上昇し続け、ピッチが下がり続けます。Delayノブとタップテンポはそのワープスピードを調整します。ディレイタイムが最大になると、最小設定に戻り、またディレイタイムが上昇します。
8.Warp Up:Warp Downと同様ですが、ディレイタイムが下がり続け、ピッチが上がり続けます。

DIVIDEスイッチ:タップテンポ入力に対し、実際に設定されるテンポを設定します。左側のポジションから順に8分、付点8分、4分のテンポとなります。

BRAKE MODEスイッチ:Tapスイッチをホールドした際のBrake Speedモード中の動作を選択します。

※Brake SpeedモードではTapスイッチをホールドすることでテンポを落としたり加速させることができます。この時の動作についてはDirection(後述)で設定します。

・Stay:左ポジションです。Tapスイッチをホールドするとテンポがスピードダウン、またはスピードアップし、スイッチを離すとそのスピードが維持されます。

・Snap:中央ポジションです。Tapスイッチをホールドするとテンポがスピードダウン、またはスピードアップし、スイッチを離すとすぐに元のスピードに戻ります。

・Drift:右ポジションです。Tapスイッチをホールドするとテンポがスピードダウン、またはスピードアップし、スイッチを離すとゆっくりと元のスピードに戻ります。

FLOAT INPUTスイッチ(アウトプット端子の隣にあるスイッチ):FLOATフットスイッチを押した後の音にエフェクトをかけるかかけないかを選択します。
・左ポジション:FLOATスイッチを押している間のプレイにもディレイがかかり、フィードバックが進化していきます。。伸びやかなアウトロなどに最適です。

・右ポジション:プレイをディレイラインから切り離します。FLOATは押した瞬間のフィードバックにのみ作用し、押している間のプレイにディレイはかかりません。

●Direction
Tapスイッチをホールドした際のBrake Speedモード時、テンポを上昇させるか下降させるかの設定です。この設定を切り替えるには、TapとBypassの2つのフットスイッチを同時にホールドします。LEDが点滅すればDirectionの設定が切り替わります。この設定はEEPROMに記録されるため、電源を抜いても設定は保存されます。

●内部トリムポット
内部にあるEcho Roll Offトリムポットでディレイサウンドの明るさを調整できます。最大で明るく、クロックノイズを増やしたサウンドとなり、最小でダークで暖かなトーンとなります。2時辺りの位置がミドルグラウンドなトーンです。

●外部タップテンポ
TAP-A-DELAYに搭載されるRCAジャックは、Tap INまたはTap OUTとして使うことができます。他のペダルと接続することで外部ペダルからタップテンポコントロールを行ったり、外部ペダルとテンポを同期させることができます。
Tap IN、Tap OUTは内部スイッチで切り替えることができます。

●LED
エフェクトON時、LEDが赤に点灯し、バイパス時は消灯します。
また、青LEDが選択中の波形とテンポに合わせて点滅します。


Cusack Music TAP-A-DELAY DELUXEはスタンダードなセンターマイナスDC9Vアダプターで駆動します。動作電流は30mAです。電池はお使いになれません。


cusack-tapadelaydeluxe-v1.01-01.jpg
cusack-tapadelaydeluxe-v1.01-02.jpg
【ブログ】常に触れるものだから、こだわりたい。タッチの良さが演奏性につながるIQS Strings取扱い開始!

【ブログ】常に触れるものだから、こだわりたい。タッチの良さが演奏性につながるIQS Strings取扱い開始!

【ブログ】One Control Silver Bee ODとHoney Bee ODはどう違う!?音作りのコツも!動画で見てみよう!

【ブログ】One Control Silver Bee ODとHoney Bee ODはどう違う!?音作りのコツも!動画で見てみよう!