【ブログ】テレキャスターにもMastery Bridge!よりクリアで美しいトーンを作るために!

【ブログ】テレキャスターにもMastery Bridge!よりクリアで美しいトーンを作るために!

_DSC1549.jpg

多方面に活躍される音楽家、ギタリストの井上 陽介(Turntable Films, Subtle Control,Peg & Awl) さんから、テレキャスター用のMastery Bridgeのレビューが届きました。

Mastery Bridgeといえばジャズマスターやジャガー用、特にジャズマスター用のリプレイスメントブリッジとして世界的な支持を集めています。

それは単に弦落ち防止、としての役割だけでなく、音色の素晴らしさも理由の1つです。だからこそ、テレキャスターにMastery Bridgeを装着する意味があるのです。

いただいたレビューは下記のとおりです。

_DSC1550.jpg

Master Bridge M3.2

オリジナルのブリッジの雰囲気を残しつつ、クリアさが増すというか、解像度が上がって、全体がバランス良く鳴るイメージ。
オリジナルの多少もっさりした部分が抑えられたようなイメージが近いかもしれません。
ピックアップの選択によって、クリアでかなりカラッとした音に聞こえると思います。
ピッチやサスティンは、オリジナルと比べてそこまで大きく変わらないような気がします。
メンテナンスとして、オクターブチューニングのセッティングにオリジナルよりもちょっとひと手間かかるかなという印象です。慣れかもしれませんが…。

裏通しだとテレキャスターらしいサウンドで、トップローダーは甘くて、少しビリビリしたようなサウンドです。
個人的には、裏通しが主な使用ですが、レコーディングなどで、新しいキャラクターを選択できるようになったので、M3.2のオプションは嬉しい。
それぞれのピックアップの音のノリ方も弦の通し方で変わるので、よりサウンドを選択できる楽しさがあると感じました。
おそらくですが、ライン録音だと違いがより出るような気がします。
スティールギターっぽい演奏はトップローダーがテンションが弱いので弾きやすいと思います。

オリジナルから大きなサウンドの変化もなく、いろんなジャンルに対応しそうな汎用性がさらに広がった効果は嬉しいし、これから馴染んでサウンドが変化するのも楽しみです。
よく考えられている、とてもバランスの取れた素晴らしい製品だと思いますが、オリジナルのサウンドが大好きな場合は変えないのもありだと思います。笑
それぞれの良さがあると思いますが、テレキャスターでいろんなサウンドを試したい、バランスの良いサウンドで鳴らしたいという人には、より魅力的なブリッジなのではないかと思います。

_DSC1551.jpg

Tele Mastery BridgeはFender社のテレキャスターに取り付けることのできるリプレイスメントブリッジです。サドル側に4つのネジ穴がある3Wayサドルのブリッジを搭載したテレキャスターに、改造することなくそのまま取り付けることができます。

・サドルからの弦落ちを完全に解消
・激しいプレイをしてもチューニングの狂いを軽減
・ギターの音色にさらなる響きを実現 


Mastery Bridgeを使用すれば、これまでのブリッジとは違い、激しいプレイでも弦がサドルから外れてしまうことがなく、さらにギター全体を生かした美しい響きのある音色を実現します。 

アメリカにて特許取得済みのMastery Bridgeは、すべてミネアポリスで製作されています。全てのブリッジはメーカーにて最高級のパフォーマンスを発揮することを確認後、世界各地に発送されています。 
Mastery Bridgeを構成する全てのパーツは、最高級品質の非腐食性素材を使用しており、錆びからブリッジを守ります。 

井上 陽介(Turntable Films, Subtle Control,Peg & Awl) さん、ありがとうございました!

Ross Audibles / Tan Distortion

Ross Audibles / Tan Distortion

【ブログ】One Control最新オーバードライブ!極上のSilver Bee ODの音を聞いてみよう!

【ブログ】One Control最新オーバードライブ!極上のSilver Bee ODの音を聞いてみよう!