Red Panda / Tensor

Red Panda / Tensor

Tensor-01.jpg

Red Panda / Tensor
レッドパンダ / テンソル

Red Panda Tensorは、リバースエフェクトやテープストップ、ピッチシフト、タイムストレッチ、ホールド、グリッチ、スタッターなどのエフェクトを組み合わせ、独創的な音色を作り出すことのできるエフェクターです。

スローダウン、スピードアップ、リワインドをリアルタイムでコントロールでき、タイムストレッチ、タイムコンプレスをピッチを変えることなく行えます。最大4.8秒のループ、オーバーダブ、ランダムスライスフレーズを扱うこともできます。

インテリジェントランダマイゼーションをノブで操作できます。CDスキップ、スタッター、リズミックリピートからランダムスライス、エラーピッチシフトまで、様々なサウンドを作ることができます。

2つのフットスイッチはどちらもモメンタリとラッチモードがあり、即座に元に戻したり、ピッチジャンプやグリッチなどの効果を作ることができます。

Live PlayモードとHoldモードによる動作や、BLENDコントロールの設定にかかわらず常にドライをカットするキルドライモードを備えています。

Tensorはすべてのジャックがペダルトップに配置され、ボードへの設置がやりやすく、さらにすべてのコントロールノブの間隔を十分に開け、ライフステージでの微調整も簡単に行なえます。

レコーディングやシーケンスに最適なUSB MIDIにも対応しています。SUB MIDIによるSPEED、TIME、PITCHコントロール、USB MIDIやリモートスイッチによる31種類のプリセットの呼び出し、各ノブをエクスプレッションペダルでコントロールすることもできます。

Tensorはアメリカ、デトロイトにて設計、制作されています。

●特徴
・逆回転、ストップ、正回転のテープスピード設定
・最大4:1までのリアルタイムタイムストレッチ
・-2~+2octまでのピッチシフト
・インテリジェントランダマイゼーション
・オーバーダブ、リプレイス、デュアルバッファループモード
・順方向、オルタネート、リバースのループ再生
・モメンタリ/ラッチスイッチ切り替え
・エクスプレッション/CVペダル端子(0-3.3V)
・+5.5dBuまでのインプットレベルに対応(設定で+7.2dBuまで可能)
・USB MIDI

●コントロール

SPEED:-100%~+100%までの範囲で設定できるテープスピードコントロールです。プレイバックスピードをスムースに可変できます。時計回りで順方向、反時計回りで逆回転となります。中央位置で停止します。短いセグメントを逆回転させると、リバースギターソロ制作時に起こるテープフリップによるスタジオトリックを再現できます。Tensorは自動的にプレイを分析し、リバースセグメントのサイズとタイミングを調整します。

TIME:1:4~4:1までのタイムストレッチ/コンプレッションを調整します。12時位置でノーマルプレイバックとなります。そこから反時計回りに回すと再生されるループがピッチシフトされることなくストレッチされます。時計回りでは同様にピッチシフトされることなく、タイムコンプレッションを起こします。タイムコンプレッションはループ再生中にのみ機能します。Live Playやレコーディング時にはノーマルスピードでのプレイとなります。2倍以上にストレッチ/コンプレッションを行うとグリッチが発生し、新たなテクスチャを作ることができます。

タイムストレッチ時には右側のLEDがマゼンタに、タイムコンプレッション時はシアンに光ります。

PITCH:-2~+2octのピッチシフトを設定します。12時位置でピッチシフトをしません。Live Playモードではピッチシフトはリアルタイムに動作します。Holdモードではプレイバックスピードが解像度を維持する形で調整されます。PITCHとTIMEコントロールを組み合わせることでループの長さとピッチを独立してコントロールできます。PITCHノブは連続可変ではなく、15段階にクオンタイズされます。選ぶことのできるピッチは-2oct、-1oct、m7、P5、P4、m3、M2、P1(原音)、M2、m3、P4、P5、m7、+1oct、+2octとなります。

BLEND:ウェットとドライのバランスを調整します。ウェット100%からドライ100%までの範囲で調整できます。

RAND:ランダマイゼーションコントロールです。時計回りに回すことでランダマイゼーションをコントロールします。低く設定すると時々スタッターが混ざるようになり、中央付近ではショートセグメントがランダムにリピートされ、最大付近ではショートスライスがシャッフルされます。ランダマイゼーションはSPEEDとPITCHノブの設定をベースに動作します。例えば、PITCHを12時位置(ピッチシフトしない)に設定すると、ランダマイゼーションでピッチは変わりません。

ONフットスイッチ:エフェクトのON/OFFを切り替えます。SPEEDコントロールが12時位置(ストップ)の時、エフェクトをONにするとターンテーブルをスピードダウンさせるような効果を作ります。

M/L(ON):ONフットスイッチをモメンタリとラッチスイッチで切り替えます。

HOLDフットスイッチ:バイパス時に押すと、Holdモードとなります。再度押すとバイパスに戻ります。

M/L(HOLD):HOLDフットスイッチをモメンタリとラッチスイッチで切り替えます。

HOLDスイッチ:Holdモードの動作を切り替えます。OVRではオーバーダブ、RECはレコーディング(リプレイス)、NXTはネクスト(デュアルバッファ)となります。

DIRスイッチ:Holdループの再生方向を切り替えます。FWDは順方向、ALTは順方向と逆方向を交互に繰り返すオルタネート、REVは逆方向となります。

●プリセット

各ノブとトグルスイッチのセッティング、エクスプレッションペダルのアサイン、Loop DecayとPitch Glideパラメータはプリセットとして保存することができます。

プリセットはUSB-MIDIやCTRL端子を使用して呼び出すことができます。プリセットを呼び出しても音色は途切れませんので、演奏中にプリセットを変えることもできます。プリセットが読み込まれると、緑色のLEDが点滅します。

Tensorは31種類のプリセットをリモートスイッチやMIDIコントローラー等を使用して呼び出すことができます。

●ドリフトモード

TensorがONになっている時、ONフットスイッチを長押しすると、Tensorはドリフトモードとなり、TIMEの設定にかかわらず、現在のSPEEDで設定されたテープスピードで再生を続けます。ONフットスイッチを離すと、現在のTIME設定に戻ります。SPEEDの設定で、テープストップエフェクトを作ることもできます。再生が停止していても、Tensorはリアルタイムでの録音を続けます。

ONフットスイッチがモメンタリモードに設定されている時、ドリフトモードは常にアクティブとなります。即時の巻き戻し効果やリバースギターソロに使うことができます。BLENDを100%ウェットに設定し、SPEEDを-100%に設定した状態でONフットスイッチを押すと、最大2.4秒までの直前の演奏が巻き戻されます。Tensor内部での録音は続きますので、早送りと巻き戻しを瞬時に切り替えられます。

各セグメントの細かなコントロールを行うリバースギターソロを演奏するには、セグメントごとにONフットスイッチを押します。音が聞こえる少し前に演奏を開始する必要があるので、ステージでのプレイには少し練習が必要となります。NXTモードをホールドしたり、オートマチックリバースプレイバック機能を使うことでも、リバースソロを演奏することができます。

●HOLDモード

Tensorには3つのHOLDモードがあり、最大4.8秒までのショートループのレコーディングや制御を行います。

モードは再生中にも変更することができます。

・RECモード(Hold/Record)

録音を開始するたびにループが新しく置き換えられます。ループはリアルタイムに録音され、コントロールの設定に合わせて再生されます。

・OVRモード(Hold/Overdub)

最初の録音でループの長さが決まり、その後の録音は最初に決まったループの長さに合わせて行われます。ループの再生中、HOLDフットスイッチでオーバーダブを開始できます(LEDが赤点灯します。)

・NXTモード(Hold/Next)

NXTモードではデュアルバッファを用い、片方のバッファを録音、もう片方のバッファをプレイバックに使用します。LEDが赤く点滅するごとにバッファを入れ替えます。

●CTRL端子

TensorのCTRL端子は、エクスプレッションペダルやリモートスイッチを接続します。

エクスプレッションペダルにはすべてのノブを自由な組み合わせでアサインすることができます。CVを使用する場合、0-3.3VTip、Sleeveグラウンドとなります。リモートスイッチは1~4ボタンスイッチでプリセットの選択やペダルの機能にアクセスできます。

●ファームウェアアップデート

TensorはMacやPCを用いてファームウェアアップデートが可能です。特別なドライバやソフトウェアは必要ありません。

●スペック
最大インプットレベル:+0.5dBu(ハイゲイン)
+5.2dBu(デフォルト)
+7.2dBu(最大)
周波数レスポンス:20-20 kHz, +0/-0.5 dB
インプットインピーダンス:1MΩ
アウトプットインピーダンス:<1kΩ
バイパス:アナログバッファード/DSP/Kill Dry/Auto
電源:9VDCセンターマイナス
電源端子:2.1mm I.D. × 5.5mm O.D. バレルタイプ
消費電流:220mA
サイズ:78(W)×124(D)×59(H)mm
重量:0.4kg

※電源には250mA以上のアダプターの使用を推奨します。電池はご使用になれません。

種類:その他
アダプター:9Vセンターマイナス
電池駆動:-
コントロール:SPEED、TIME、PICH、BLEND、RAND、ON、M/L(ON)、HOLD、M/L(HOLD)、DIR

Tensor-02.jpg
Tensor-03.jpg

・【Movie】

価格:オープンプライス

redpanda-tensor-v1.01-02.jpg
Red Panda / Buffer

Red Panda / Buffer

DSM Noisemaker / OmniCabSim MINI

DSM Noisemaker / OmniCabSim MINI