【ブログ】オレンジの独特なアンプサウンドをミニサイズで!Fluorescent Orange Amp In A Boxの動画です!

【ブログ】オレンジの独特なアンプサウンドをミニサイズで!Fluorescent Orange Amp In A Boxの動画です!

70年代、太く暖かで豊かな倍音成分が織りなす重厚なトーンと、クリーンなサウンドで一世を風靡したUK発のアンプ。美しくレトロで可愛らしいデザインから飛び出す轟音は、世界を驚かせました。

そのサウンドを小さなペダルで再現。One Control Fluorescent Orange Amp In A Boxの動画です1

_DSC1402.jpg

ロックギターの歴史を築き上げてきた、数多くのギターアンプの中、ひときわ異彩を放つブリティッシュアンプ。美しいオレンジカラー、ギターアンプとしては珍しくポップなデザイン、レトロな雰囲気を持つそのアンプは、他のアンプとは違ったサウンドと共に、多くのプレイヤーの相棒としてステージに君臨してきました。

1968年に英国で始まったそのアンプメーカーは、70年代後半、スウェーデンでも多くのプレイヤーが使用していました。当時、特に多く使用されていたのは、“OD120”や“Graphic 120”というアンプです。前者はマスターボリュームコントロールを持つ“ハイゲイン”アンプとして、後者はクリアなトーンでもラウドな音を出せるアンプとして人気を博していました。

ハードロックやパンクロックが隆盛を迎え、ヘヴィメタルが産声を上げた70年代後半。当時の音楽シーンを賑わし、今でも多くのプレイヤーが求める、ギターサウンドをそのまま歪ませ、倍音成分が溢れでてアンプからこぼれ落ちるようなサウンド。それこそ、One Control Fluorescent Orange Amp In A Boxが作る音です。

Fluorescent Orange Amp In A Boxのコントロールは、まさにマスターボリュームを持つアンプのような構成です。アンプのプリアンプやゲインコントロールに相当するLevelと、全体の音量に加えパワーアンプの飽和感を加えることもできるMaster。2つのコントロールを組み合わせ、本物の真空管アンプのように音を作ることが出来ます。

このサウンドを体感してみてください!

【ブログ】多彩なアンプサウンドをまとめて使えるMooer Preamp Liveの新ファームウェアがリリース!最大102種類のプリアンプや多彩なブーストタイプが使用可能に!

【ブログ】多彩なアンプサウンドをまとめて使えるMooer Preamp Liveの新ファームウェアがリリース!最大102種類のプリアンプや多彩なブーストタイプが使用可能に!

【ブログ】Mooer GE200が支持されるのは、音が良いからだけではありません。圧倒的に使いやすい操作性も魅力です!

【ブログ】Mooer GE200が支持されるのは、音が良いからだけではありません。圧倒的に使いやすい操作性も魅力です!