【ブログ】2つのエフェクトループの組み合わせの極限を。Boredbrain Music Transmutron!

【ブログ】2つのエフェクトループの組み合わせの極限を。Boredbrain Music Transmutron!

_dsc1293.jpg

極限、極北、究極、極致。エフェクトループを2つ組み合わせ、2種類のエフェクトを融合させて作るサウンド。その組み合わせの可能性を無限大に高めるのが、Boredbrain Music Transmutronです。

_dsc1295.jpg

Boredbrain Music Transmutronは、2つのパラレルエフェクトループを様々な方法で組み合わせたり、個別に使用して、エフェクトペダルやユーロラックエフェクトに新たな可能性を見出すことのできる画期的なエフェクトループです。

Transmutronは、エフェクトペダルやユーロラックエフェクトを2種類まで組み合わせることのできるパラレルエフェクトループです。
2つのエフェクトループは個別、または同時に使用することができます。
また、Fission、Fusion、Falloutの3種類の動作モードにより、2つのエフェクトループの動作を変えることもできます。

・Fission
Fissionモードでは、入力されたシグナルの周波数帯を分割し、それぞれを2つのエフェクトループに個別に出力し、アウトプット前でシグナルを1つに戻します。分割される周波数はSplitpointノブ、またはエクスプレッションペダル/CVでコントロールすることができます。

・Fusion
Fusionモードでは、2つのエフェクトループのバランスを調整してブレンドすることができます。シグナルは分割されません。2つのエフェクトループのバランスはSplitpointノブ、またはエクスプレッションペダル/CVでコントロールすることができます。

・Fallout
Falloutモードでは、2つのエフェクトループの前にワイドノッチフィルターを適用します。Splitpointノブ、またはエクスプレッションペダル/CVはこのノッチフィルターの周波数をコントロールします。ワウエフェクトのような効果を様々なエフェクトと組み合わせて作ることができます。

さらに、Transmutronにはハイ/ローカットフィルターを搭載し、シグナルをコントロールできます。
FissionモードとFalloutモードではフィルタのカットオフ周波数がSplitpointノブ/エクスプレッションペダル/CVの中心周波数のスウィープレンジとなります。
全てのフィルタは12・24・48dB/octからスロープの角度を選択することができます。このスロープはハイ/ローカットフィルターだけでなく、Fissionモードのクロスオーバーフィルター、Falloutモードのワイドノッチフィルターにも適用されます。

また、Ch.2のエフェクトループの位相を反転することも可能です。組み合わせたエフェクトにより、フェイズアウトが起こってしまう場合や意図的にフェイズアウトを起こしたい場合に使用します。

2つのエフェクトループにはそれぞれ2セットのSEND/RETURN端子があります。一般的なエフェクトペダル用は1/4インチモノラル端子、ユーロラック用は3.5mmミニ端子となっています。これらの端子を同時に使うこともできます。どちらのループも、3.5mm>1/4インチの順に接続されています。エフェクトループのSENDはバッファーを通ります。さらに、3.5mmのエフェクトループは内部DIPスイッチによりペダルレベルとラインレベルで切り替えることもできます。

Transmutronの使い方は様々です。シンプルに2つのエフェクトを組み合わせたり切り替える使い方からユーロラックモジュレーションの狂気まで、エフェクトの持つ可能性をさらに深化させましょう。

●さらなる機能
・各チャンネル前に最大+10dBまでのFX GAIN
・2つのエフェクトループを個別、またはミックスしてアウトプット
・Soloフットスイッチで各チャンネルを個別に使用可能
・FX Sendはバッファード

_DSC1294.jpg

●接続
・PEDALS端子:ギターペダルやラインレベルエフェクトを接続する1/4インチモノラル端子のエフェクトループです。内部フィルタリング/クロスフェード、ゲイン、EUROエフェクトループの後に設置されています。

・EURO端子:ユーロラックレベルのエフェクトを接続する3.5mmモノラル端子のエフェクトループです。内部フィルタリング、ゲインの後、PEDALS端子ループの前に設置されています。

・DC9V:センターマイナスDC9Vアダプターを接続します。電池はお使いになれません。消費電流は200mAです。

・INPUT:楽器を接続します。入力されたシグナルはCh1とCh2にパラレルアウトされます。

・MAIN OUT:2つのエフェクトループをミックスした後、全てのプロセッシングを通したシグナルを出力します。2 OUTに端子が接続されている場合は、Ch1からプロセッシングされたシグナルだけを出力します。

・2 OUT:Ch2からプロセッシングされたシグナルだけを出力します。

・EXP PEDAL:Splitpointをコントロールするエクスプレッションペダルを接続します。

・CV:SplitpointをコントロールするCV(Control Voltage)シグナルを入力します。CVは-5~+5V(10VPP)です。0Vオフセットはノブやエクスプレッションペダルポジションにより異なります。


●コントロール
・GAIN 1/2:2つのエフェクトループそれぞれのポストフィルタリング/プリFXレベルを調整します。最大+10dBまでのブーストが可能です。

・LOW CUT FILTER:左側のFILTERノブです。ローカットフィルターのカットオフ周波数を20~500Hzの範囲で設定します。FissionとFalloutモードではSplitpointノブの最小位置の周波数も同時に設定されます。

・HI CUT FILTER:右側のFILTERノブです。ハイカットフィルターのカットオフ周波数を8k~20kHzの範囲で設定します。FissionとFalloutモードではSplitpointノブの最大位置の周波数も同時に設定されます。

・Splitpoint:Fissionモードでは2つのエフェクトループのクロスオーバー周波数、Fusionモードではクロスフェードバランス、Falloutモードではノッチフィルターの周波数をコントロールします。

・MODE:Fission、Fusion、Falloutの動作モードを切り替えます。

・SLOPE:全てのフィルターのスロープを12・24・48dB/octから選択します。

・PHASE:Ch2の位相を反転します。

・BYPASS:Transmutron全体をバイパスするフットスイッチです。

・SOLO:Ch2のみ、Ch1のみ、両方のループをON、の3つの動作をサイクルで切り替えるフットスイッチです。

●スペック
・電源:2.1mmセンターマイナスDC9Vアダプター
・インプット/FX Return(1/4インチ)インピーダンス:1MΩ
・アウトプット/FX Send(1/4インチ)インピーダンス:1kΩ
・CV:-5~+5V(10Vpp)
・サイズ:14.9x9.8x5.4cm
・重量:440g

boredbrainmusic-transmutron-v1.01-01.jpg
boredbrainmusic-transmutron-v1.01-02.jpg
【ブログ】伝説のBi-Phase。そのサウンドをよりシンプルに!Mr.Black Twin Lazers!

【ブログ】伝説のBi-Phase。そのサウンドをよりシンプルに!Mr.Black Twin Lazers!

【ブログ】あのCE-1のコーラスサウンドを再現!Mr.Black Stereo Vintage Ensemble!

【ブログ】あのCE-1のコーラスサウンドを再現!Mr.Black Stereo Vintage Ensemble!