【ブログ】意外な発想がおもしろい!カメラ用電池でペダルボードに電源供給!3MonkeysのUtility Box!

【ブログ】意外な発想がおもしろい!カメラ用電池でペダルボードに電源供給!3MonkeysのUtility Box!

_DSC2184.jpg

エアロスミス、AC/DC、グリーンデイ、リンキン・パーク……そうそうたる世界トップクラスのバンドのツアーを支える、ツアリングギターテックのグレッグ・ハワードを中心に、アンプビルダーのオッシー・アーセン、そしてエアロスミスのギタリスト、ブラッド・ウィットフォード本人の3人が集まって生まれた、3Monkeys。

このUtility Boxは、まさに世界のバンドを支えるギターテックならではの発想が生み出した、ペダルボードのためのユーティリティボックス。

_DSC2187.jpg

内部にはパワフルなカメラ用バッテリーとしても使われる、CR123バッテリーを使用。充電池としても販売されている電池です。このパワーを利用して、ペダルボードに電源を供給します。

_DSC2186.jpg

黄色い端子が電源供給端子。センターマイナスDC9V電源を出力します。3つ合わせて最大4500mAという大容量。電池からの電源なのでクリーンで、特にアナログエフェクターには最適。アナログ空間系も余裕でこなします。

デジタルとアナログペダルを同時に使うとノイズが乗ったりしますし、GE300などのような、起動時に大パワーが必要なマルチエフェクターにはそもそも使えないこともありますが、一般的なアナログ回路のコンパクトエフェクターならなんでも使える、と言って良いパワーです。

赤い端子は、片方につないだDCケーブルが、もう片方から極性を反転して出力されます。センターマイナスをセンタープラスに切り替えることができます。

_DSC2185.jpg

ギターテックらしい発想で、パッチケーブルやDCケーブル用のケーブルテスターを側面に。ボード上のトラブルを即座に解決するため、必要な装備なのです。

基本的にボードにはメイン電源があり、緊急用電源としてこのUtility Boxを使ったり、充電池が入れられる電源としてサブボードや小さめのメインボードをこれでまかなったり。ご使用のスタイルはいろいろあると思います。

あると本当に便利なボックスです。

【ブログ】AC30+Rangemasterのトーンをコンパクトペダルで!そう、あのブライアン・メイの音です。Catalinbread Galileo MkII!

【ブログ】AC30+Rangemasterのトーンをコンパクトペダルで!そう、あのブライアン・メイの音です。Catalinbread Galileo MkII!

3Monkeys / Utility Box

3Monkeys / Utility Box