【ブログ】ただの3バンドEQじゃない!?機能はもちろん、音も素晴らしいCurveball JR!

【ブログ】ただの3バンドEQじゃない!?機能はもちろん、音も素晴らしいCurveball JR!

_DSC1206.jpg

3タイプのミッドレンジと、3タイプの低域を選べる3バンドEQであり、さらにブースターやバッファとしても使えるペダル。コンパクトで機能的なイコライザーは、たんにそれだけでなく、音質も素晴らしいのです。

_DSC1207.jpg

Amptweaker Curveball JRは、デュアルブート機能を備えた3バンドイコライザーです。クリーンチャンネルプリアンプとして使うこともできます。

イコライザーには様々なスタイルがあります。視覚的な操作ができるグラフィックイコライザーや、詳細にコントロールができるパラメトリックイコライザーなど、オーディオソースに合わせた様々なスタイルで使用され、音色を最適に近づけていきます。

Curveball JRはギタリストにとって最も理解しやすいアクティブ3バンドイコライザーのスタイルをコンパクトペダルで完成させました。ストレートに、全てを12時に設定すればフラットとなるよう設計され、MidスイッチによりUKスタイル、USスタイル、スラッシュメタルの3つのスタイルのミッドレンジ周波数を選択することができます。USとUKモードではクラシックなUSアンプ、UKアンプの持つ3バンドイコライザーを簡単にシミュレートでき、Thrashモードではメタルミュージックに必要なミッドレンジのスウィートスポットを設定できます。
ミッドレンジをブーストすれば、あの偉大な“ワウ半止め”サウンドを作ることも可能です。また、例えば1本目がソリッドボディで2本目のギターがホロウボディの際に、ミッドレンジを少し強化することでアンサンブルに自然に合わせることもできます。

Curveball JRはエフェクターやアンプの歪みの前に設置することも可能です。アタックや歪みの厚みをコントロールしつつ、ゲインをさらに強化することもできます。Lowノブはシェルビングタイプですが、Tightスイッチと組み合わせることより、タイトで最適化されたアタックを作ることもできます。
Highノブも同様にシェルビングEQですが、ギターのトーンコントロールのように高域をロールオフすることもできます。

Curveball JRを歪みエフェクターの後やアンプのエフェクトループなど、歪みの後に設置すると、音色全体のイコライジングを行うことができます。例えばミッドレンジをカットし、音量が変わらないように設定すれば、普通の歪みがメタルモンスターに変わります。

そして、Curveball JRはクリーントーンを作るためのペダルとしても最適です。歪みエフェクターを使用しない際にCurveball JRがONになるようにスイッチングを行えば、クリーンチャンネルとドライブチャンネルを切り替えるように操作することもできます。これはAmptweakerのエフェクターにあるSideTrakエフェクトループや、スイッチングシステムを活用することでより簡単に操作することができます。特にTightMetal Proとの組み合わせは最高です。

【ブログ】まさにジャンルを選ばないファズ!Black Cat OD-Fuzz Deluxe!

【ブログ】まさにジャンルを選ばないファズ!Black Cat OD-Fuzz Deluxe!

【ブログ】アーミーグリーンのビッグマフを大きく発展させました。Wren and Cuff Super Russian

【ブログ】アーミーグリーンのビッグマフを大きく発展させました。Wren and Cuff Super Russian