【ブログ】手頃、コンパクト、モデリングアンプ!はじめてのアンプにも最適なMooer Hornet Black!

【ブログ】手頃、コンパクト、モデリングアンプ!はじめてのアンプにも最適なMooer Hornet Black!

はじめてのギターアンプ。かつて、そこにまともな音があったでしょうか。

Mooer Hornet Blackは、世界中のそうそうたるアンプサウンドをモデリングし、さらにエフェクトまでかけることのできる小さなアンプです。

_DSC0670.jpg

選べるアンプモデルは

1.JZ CLEAN:スタンダードなソリッドステートアンプのクリーントーン

2.F.CLEAN:アメリカンチューブアンプのクリーントーン

3.PL100:ヴィンテージプレキシアンプサウンド

4.PV5150:ブラウンサウンド

5.TRIPLE:モダンで分厚いハイゲイン

6.MKIV:カリフォルニアを代表する“マーク”サウンド

7.POWER DS:ドイツの名門メーカーによるハイゲインサウンド

8.MOGNER:現代的なハイエンドアンプサウンド

9.MOOER MT:Mooerオリジナルメタルサウンド

どれも素晴らしいサウンドです。

_DSC0672.jpg

さらにタップテンポ設定のできるディレイ、リバーブ、モジュレーションエフェクトを搭載。

初めてのアンプでは難しく見えるかも知れませんが、ノブを動かして好きな音を作ればそれでOK。良い音が出せるので、練習も気合が入ります。

そして、機材がわかってきたらプリセットも活用できます。Hornetには2つのオペレーションモードがあります。LIVE/PRESETボタンでモードを切り替えることができます。どちらのモードでも、AMP MODELコントロールを回すとアンプモデルを切り替えることができます。

Liveモードでは、トラディショナルなアンプのように全てのパラメータが現在のノブの位置の設定となります。

LED SCREENにLと表示され、LIVE/PRESETボタンは点灯しません。

Presetモードではアンプモデルのセッティングを保存することができます。各アンプモデルを選択すると保存されたパラメータの値を呼び出します。現在のノブの位置とは違っていることもあります。LED SCREENには選択されているアンプモデルの1~9のナンバーが表示され、LIVE/PRESETボタンが点灯しています。

【ブログ】プレキシの完成形。Super LeadやSuper Bassサウンドを作るCatalinbread New Dirty Little Secret!

【ブログ】プレキシの完成形。Super LeadやSuper Bassサウンドを作るCatalinbread New Dirty Little Secret!

【ブログ】名手、ブライアン・メイのトーンを再現。クリアで歯切れのよいブリティッシュペダル、Catalinbread Galileo MkII!

【ブログ】名手、ブライアン・メイのトーンを再現。クリアで歯切れのよいブリティッシュペダル、Catalinbread Galileo MkII!