【ブログ】名手、ブライアン・メイのトーンを再現。クリアで歯切れのよいブリティッシュペダル、Catalinbread Galileo MkII!

【ブログ】名手、ブライアン・メイのトーンを再現。クリアで歯切れのよいブリティッシュペダル、Catalinbread Galileo MkII!

_DSC0684.jpg

とんでもないペダルです。

基本的にはあのブライアン・メイのトーンを作るために開発されたペダル。AC30を基調としたサウンドです。

ただ、ちょっとゲインを上げて音を出せば、ただの“クイーンペダル”ではないことが分かります。ブリティッシュアンプならではのトーンでありながら、その歯切れのよいサウンドは目を見張るものがあります。

高い解像度は演奏性も高く、くっきりとギターを前に出します。

Vox AC30とトレブルブースターの間には、特別な“何か”があります。トレブルブースターでAC30をヒットすると、打てば響くように最高の音になります。ミッドレンジは極上の歪みを作り、ハーモニクスが美しく混ざり合います。ギターのヴォリュームを下げれば、Voxアンプ特有の世界がさらに広がります。それはアグレッシブで怒号のようなサウンドでありながら、鐘の音のような響きを同時に持っています。その説得力のあるサウンドを、Catalinbreaf Galileo MkIIは作ることができます。

ブライアン・メイのトーンは、長年多くのプレイヤーによって研究されてきました。Dallas RangemasterとVox AC30の組み合わせはその中でもスタートラインであり、AC30やRangemasterを持たないプレイヤーがその音を作るのは困難とされてきました。

Catalinbread Galileo MkIIが、その困難を打ち砕いて見せました。このペダルが、適正に設定されたRangemasterとAC30のトーンをまとめ、まさにブライアン・メイのトーンを出力します。

AC30のプリアンプ回路は、真空管をJFETに変え、そのままGalileo MkIIにも搭載されています。そして、完全にチューニングされたレンジマスタースタイルの回路が、そのプリアンプ回路をヒットします。これがブライアン・メイ・トーンの秘訣です。2つの回路が化学反応を起し、ミッドレンジジャングルのような複雑なアンプトーンとなって出力されます。

Gain、Tone、Volumeの3つのノブで基本的なトーンを作り、さらにギターのVolumeノブがGalileo MkIIの4つ目のノブとして機能します。これこそ、Galileo MkIIの真骨頂です。表面だけをブライアン・メイ風のトーンにしただけのものではありません。ギターのVolumeがフルアップならあの荘厳なリードトーンが、Volumeノブを下げれば、あの独特のダーティさのあるクリーンサウンドが得られます。クリーンじゃないようでクリーンな、あの音です。バンドアンサンブルと合わさると、このペダルの特性がギターの音の必要な帯域だけを抜けさせます。

【ブログ】手頃、コンパクト、モデリングアンプ!はじめてのアンプにも最適なMooer Hornet Black!

【ブログ】手頃、コンパクト、モデリングアンプ!はじめてのアンプにも最適なMooer Hornet Black!

【ブログ】一番フェンダーの音が出るエフェクター。あのSonic Blue Twangerのスイッチが使いやすくなりました。

【ブログ】一番フェンダーの音が出るエフェクター。あのSonic Blue Twangerのスイッチが使いやすくなりました。