Shift Line / ASTRONAUT V.2

Shift Line / ASTRONAUT V.2

Astrnaut-01.jpg

Shift Line / ASTRONAUT V.2
シフトライン / アストロノートブイツー

Shift Line ASTRONAUT V.2は、多彩な空間的、宇宙的サウンドを作るマルチリバーブユニットです。
11種類のリバーブサウンドを選択でき、バイパス時に最後の残響を残すTails機能を搭載。詳細にリバーブサウンドをコントロールできます。

●コントロール
LEVEL:アウトプットレベルを調整します。反時計回り最小でユニティゲインとなり、時計回り最大で+10dBのブーストができます。

MIX:ドライシグナルとウェットシグナルのバランスを調整します。フルウェット(キルドライ)も設定できます。

DECAY:リバーブの長さを調整します。アルゴリズムによってリバーブの長さは異なります。

Program:アルゴリズムを選択します。

フットスイッチ:エフェクトのON/OFFを切り替えます。

TAILS:バイパス時に最後の残響を残すTailsの有効/無効を切り替えます。

●リバーブアルゴリズム
Gated:シンプルでストレートなリバーブにゲートをかけたサウンドです。ギターが鳴っている間だけリバーブが出力されます。DECAYノブでゲートのスレッショルドを調整できます。

Modulated:リバーブに深いモジュレーションをかけたサウンドです。モジュレーションレートとリバーブの長さをDECAYノブで調整できます。

Skynet:長く、太く、コズミックなリバーブサウンドです。

Mechanics:インダストリアルなトーンを作ります。DECAYノブでリバーブの長さと短く、フィードバックの多いディレイのディレイタイムを調整します。

ShimUp:クラシカルなシマーリバーブです。各リピートには1オクターブ上の音が加わります。

ShimDown:オクターブダウンを加えたリバーブです。マッシブでファットなPADリバーブを作ることができます。

ShimUpDown:オクターブ上とオクターブ下を加えたリバーブです。アンビエントなトーンを作ることができます。

Major Arp:ランダムなメジャースケールのアルペジオにリバーブがかかります。DECAYノブでアルペジエーターのレートとリバーブの長さを調整します。

Octave Arp:Major Arpと同様のコントロールですが、オクターブアルペジオを加えます。

Ping-pong:リピートの後にリピートが逆再生されるディレイです。DECAYノブでディレイタイムをコントロールします。

Hold:他のアルゴリズムとは違った動作をします。エフェクトをONにすると、フットスイッチを踏んだときの音をフリーズします。DECAYノブでフェードインタイムを調整します。このモードではTailsは無効となり、代わりにDetuneモードの有効/無効を切り替えます。エフェクトをONにし、音をフリーズしているときにスイッチでDetuneの設定ができます。上ポジションでDetuneが有効になります。Detuneをかけた状態でスイッチを下ポジションにすると、スイッチを切り替えたときの音を保持します。Detuneは無限に伸ばすことができますが、超低域の音を作る場合があります。スピーカーが低い帯域に対応していない場合は注意が必要です。

●インプットリスニングモード
電源を入れてから10秒以内にフットスイッチを10回押すことで、インプットリスニングモードに入ります。このモードでは、バイパス時はバイパスシグナルが出力されますが、ONにした瞬間に大音量のリバーブテールを出力します。インプットリスニングモードが有効になるとLEDがすばやく点滅します。点滅が遅いときは通常のモードです。インプットリスニングモードではTailsは無効となります。

●スペック
サイズ:111 x 60 x 50 mm
電源:スタンダードなセンターマイナスDC9Vアダプター、または9V電池
消費電流:100mA

※消費電流が多いため、アダプターでの駆動を推奨します。

種類:リバーブ
アダプター:9Vセンターマイナス
電池駆動:9V電池
コントロール:LEVEL、MIX、DECAY TAILS、Program

Astrnaut-02.jpg
Astrnaut-03.jpg

・【MOVIE】

価格:オープンプライス

shiftline-astronautv.2-v1.01.jpg
Mooer / Micro Preamp 016

Mooer / Micro Preamp 016

Shift Line / EVEREST

Shift Line / EVEREST