【ブログ】田中”tak”拓也 さんが、Animals Pedal Firewood Acoustic DIを使用中!コメントもいただきました。

【ブログ】田中”tak”拓也 さんが、Animals Pedal Firewood Acoustic DIを使用中!コメントもいただきました。

TAK TANAKA.jpg

世界的に様々な活動をされているギタリスト、田中”tak”拓也 さんが、Animals Pedal Firewood Acoustic DIを使用中です!


アニマルペダル Animals Pedal Firewood Acoustic D.I.

アコギ用に開発されただけあってミッドハイの立ち上がりが自然でそれが個性になっています。使うギターのキャラをイヤモニでも外音でも自分のタッチが反映してくれるので今では自分のアコギサウンドに欠かせないデバイスです。


とのコメントもいただきました。

田中”tak”拓也 さん、ありがとうございました!


田中”tak”拓也

東京生まれ。大学在学時より都内のライブハウスを中心に演奏活動をし、98年よりバークリー音大に留学。バークリー在籍時には多数のローカルバンドに参加し、その当時ボストンのジャズ/ファンクシーンの中心地であるウォーリーズジャズカフェに日本人発のレギュラーギタリストに抜擢される。その中でサム•キニンジャーやアダム・ダイチを中心とするSoulive/Lettusメンバーたちとセッションを繰り返しボストン/ニューヨークファンクシーンの洗礼を受ける。
2003年にはロスに活動の拠点を移す。2005年のジェイミーフォックスの誕生日パーティーのバンドに参加し、ラフィエルサディークやGUYなどとステージセッションを経験。その後タイリースのツアーバンドメンバーに抜擢され、ロスアンゼルスR&Bシーンに定着。念願であったスティービー・ワンダーとの競演も実現。
2005年にはネオソウルシンガー、エイドリアナ・エヴァンスの日本ブルーノートツアーに参加。
2009年より活動の拠点を東京に移し、JUJUのWhat's Loveツアー参加をきっかけに活動の幅を広める。R&Bをベースにしながら広範囲なギタースタイルをカバーしているギタリスト。

【ブログ】最高峰のリバーブを8つ搭載するコンパクト!Neunaber Audio Effects Immerse!

【ブログ】最高峰のリバーブを8つ搭載するコンパクト!Neunaber Audio Effects Immerse!

Chase Bliss Audio / Condor

Chase Bliss Audio / Condor