【ブログ】DEAD ENDのYOUさんに、One Control Honey Bee ODのコメントをいただきました!

【ブログ】DEAD ENDのYOUさんに、One Control Honey Bee ODのコメントをいただきました!

_DSC0212.jpg

DEAD ENDYOUさんから、OneControl HBODのコメントをいただきました!

もちろんご自身のボードでも使用中です。

数々の伝説を持つDEAD ENDのギタリストとして活躍される足立祐二ことYOUさん。公式ブログも必見です。


One Control Honey Bee OD

これは、今年に入ってすぐに入手したんだけど、届いてから、早速、Mesa Boogieのクリーン・チャンネルへ。

エフェクトペダルを入手した際は、取り敢えず、クリーンサウンドで鳴らしてみるんだけど、
まず、鳴らしてみた印象はと言うと、このOne Control Honey Bee OD、とても素直でナチュラルだと言う事。

歪みの量は、そんなに多く無いので、クリーンサウンドだと、過激にドライブする感じでは無いんだけど、
この状態だと、物凄く弦が揺れている音がする。

物凄く、ピッキングのタッチやニュアンスが出るんだけど、
古い弦だと、ちゃんと古い弦の音がするんだよね。

実際、色んなギターで試してみたんだけど、
得にパワーの無いピックアップを搭載したギターで鳴らした時の音が良かった。

ギターを替えたら、ちゃんと音も変わるし、
ピックアップのパワー感が、そのまま出音に反映するイメージ。

自分の使い方で言うと、アンプをクランチくらいにして、このOne Control Honey Bee ODをオンにするんだけど、
そのくらいで使うと、ギター側のVol操作で、物凄くニュアンスが変化するし、
ピッキングの強弱も、ダイレクトに出てくる。

DRIVEのツマミを全開にしても、そんな過激には歪まないので、
全開にしたとしても、音が潰れるなんて事が無いのがいいよね。

あと、物凄く良いと思ったのは、MODERN/VINTAGEの切り替えスイッチなんだけど、これは、ピックアップの出力なんかで、適切な方をチョイス出来るし、MODERNの方でドライブさせた時も、ちゃんとギター側のVolで、歪み量をコントロール出来るのがいいよね。

でも、このHoney Bee ODの要は、NATUREのツマミだと思うよ。

このツマミ、触る前は、良くあるトーンのツマミだと思ってたんだけど、トーンとは全く違って、このツマミで、厚み自体をシンプルにコントロール出来る。

通常、右に回していく程、分厚くなっていくイメージなんだけど、普通とは逆で、右に回していくと、どんどん余分な低域が削ぎ落とされて、シャープになって食い付いてくる。

9時くらいの設定だと、ヌケも良くて、物凄く分厚い音も作れるんだけど、ハイパワーなフロントピックアップの場合は、あんまり分厚い音を作っちゃうと、ちょっと引っ込んじゃう傾向にあるので、そう言う時も、このツマミが物凄く有効なんだよね。

あと、VOLUMEのツマミも結構重要で、通常、オン、オフのレベル差を調整する為に使用しているプレイヤーも多いと思うんだけど、その用途以外にも、12時と全開にした時の音が全然違う。

全開にした時のパリッと感が、物凄く音楽的で、全くと言って良い程、ブーミーにはならない。

VOLUMEのツマミを全開にすると、ブーストし過ぎて、結局、使い物にならないなんて事も多いと思うんだけど、このHoney Bee ODに関してだけ言えば、レベルの調整以外に、もっと音を追い込んでいけるイメージ。

中々、そう言うタイプのドライブペダルって少ないし、良質なドライブペダルを繋いで、手元でニュアンスを調整したいプレイヤーには、最高だと思うよ!

YOU


HBODについて、使用感をとても分かりやすく書いていただきました。YOUさん、ありがとうございました!

【ブログ】人気のMooer Micro Preamp新製品!モダンアンプ014と元祖ハイゲインアンプ015!

【ブログ】人気のMooer Micro Preamp新製品!モダンアンプ014と元祖ハイゲインアンプ015!

Mooer / Micro Preamp 015

Mooer / Micro Preamp 015