【ブログ】タイムストレッチ!DAWの発想がフェイザーを新たな“ステージ”へ!Old Blood Noise Endeavors Dweller Phase Repeater!

【ブログ】タイムストレッチ!DAWの発想がフェイザーを新たな“ステージ”へ!Old Blood Noise Endeavors Dweller Phase Repeater!

_dsc1149.jpg

タイムストレッチという機能、レコーディングやDTMをやる方ならご存知かと思います。

上位のDAWには当然のように搭載されている機能で、レコーディングされた音のタイミングをあわせたりずらしたりするための機能です。

フェイズシフターというクラシックなモジュレーションエフェクトにタイムストレッチを組み合わせ、スタンダードなフェイザーからマルチタップなディレイまで作れる、新時代のエフェクト、それがOld Blood Noise Endeavors Dweller Phase Repeaterです。

_dsc1150.jpg

Old Blood Noise Endeavors Dweller Phase Repeaterは、自由自在にコントロールのできるフェイザーから、ヴァイブ、ランダムステップフィルタリング、暖かなディレイサウンド、無作為なステップディレイなど、フェイザーからディレイに至る様々なサウンドを作ることができるペダルです。

●コントロール
・VOICEスイッチ:2タイプのフェイザーを切り替えます。4ステージフェイザーと8ステージフェイザーを切り替えることができ、左側で4ステージ、右側で8ステージとなります。4ステージはソフトでヴィンテージサウンド、8ステージはより複雑なモダンサウンドとなります。

・SHAPEスイッチ:フェイザーの波形を3種類から切り替えます。左側でサインウェーブ、中央でトライアングル、右側でランダムステップウェーブとなります。

・STRETCH:フェイザーからディレイへのサウンドを調整します。反時計回り最小設定ではスタンダードなフェイザーに、時計回りにまわしていくと空間的な残響が加わり始め、フェイザーサウンドがストレッチし、ディレイサウンドへと変わっていきます。Depthを最小にするとスタンダードなディレイサウンドを作ることができます。

・RATE:フェイザーのスピードを調整します。反時計回りで遅く、時計回りで早くなります。最小にするとフェイザーは停止します。

・DEPTH:フェイザーの深さを調整します。反時計回り最小にするとフェイズシフトが無くなり、中央でクラシックなフェイザー、時計回り最大で異世界のサウンドになります。

・REGEN:回路のフィードバックを調整します。フェイザーセッティングではフェイザーサウンドの深さや厚みを、ディレイセッティングではディレイの反復を調整します。

・MIX:ドライシグナルとウェットシグナルのブレンドコントロールです。最小設定では100%ドライ、最大設定では100%ウェットとなります。12時でドライとウェットが1:1となります。

・アウトプットコントロール
デフォルトではDweller Phase Repeaterはユニティゲインに設定されていますが、内部のOutput Trimトリムポットでアウトプットレベルを調整することができます。時計回りでブースト、反時計回りでカットとなります。

・エクスプレッションペダル
Dweller Phase RepeaterのExp端子にはエクスプレッションペダルを接続することが出来ます。この端子に接続されたエクスプレッションペダルを使用し、STRETCHコントロールをリアルタイムに動かし、新たな音の可能性を見つけることが出来ます。

【ブログ】Mooerの2大アンプシミュレートペダル、GE200とPreamp Liveは音が違う!?

【ブログ】Mooerの2大アンプシミュレートペダル、GE200とPreamp Liveは音が違う!?

【ブログ】1台で様々なエフェクトに変異!Neunaber Expanse!(Stereo Wet Reverb等の最新版!)

【ブログ】1台で様々なエフェクトに変異!Neunaber Expanse!(Stereo Wet Reverb等の最新版!)