【ブログ】手頃にパッチケーブルを制作できるキット!JOYO CM-15取扱開始!制作済ケーブルもあります!

【ブログ】手頃にパッチケーブルを制作できるキット!JOYO CM-15取扱開始!制作済ケーブルもあります!

エフェクター同士を接続するパッチケーブルを自由な長さで制作することは、ペダルボードを美しく整えるために必要不可欠です。

JOYO CM-15 Solder-free Cable Kitは、簡単に自由な長さのケーブルを制作することの出来るキットです。制作に必要な全ての工具が付属しており、初めてのケーブル制作でも安心して取り掛かることができます。

無酸素銅(OFC)を芯線に採用し、シグナルロスの少ないローキャパシタンスシールドケーブルと6.35mmの銅製コネクタープラグ、そしてコンパクトで配置しやすく、抜き差しもやりやすい形状のメタル製キャップにより、場所を取らず、扱いやすいパッチケーブルを自由に制作できます。

CM-15 Solder-free Cable Kitは、3mのケーブルとプラグを10個組み合わせたセットです。
合計3mまでのケーブルを使用した好きな長さのケーブルを5本まで作ることができます。


●制作方法
1.

ケーブルを付属のケーブルカッターで必要な長さにカットします。

2.

カットしたケーブルをプラグに挿し込みます。左右に何度か回転させ、しっかりと奥まで挿し込んで下さい。

3.

ケーブルを曲げ、L字プラグとなるようにします。

4.

メタルキャップを取り付けます。奥までキャップが入るよう、ケーブルがしっかりと曲げられていることを確認して下さい。

5.

付属のドライバーを使用し、ネジでキャップを固定します。ネジはしっかりと締めて下さい。


6.
 

もう片方の端子も同様にプラグを取り付け、ケーブルを完成させます。

ケーブルが完成したら、一度音を出し、通電していることを確認します。


※うまく作れない時は
2.の工程でケーブルが奥まで挿しこまれていることを確認して下さい。一度挿し込んだケーブルを抜くと、中央の芯線部に穴が空いています。これはプラグ内部の針が刺さっていることを示しています。この穴が芯線とずれていると通電しないことがあります。

また、3.の工程でケーブルを曲げる際、ケーブルを引っ張らないようにして下さい。ケーブルを引っ張ってしまうと奥までケーブルが届かず、うまく通電しないことがあります。

※長くお使いいただくために
プラグとキャップを固定したネジは、ご使用いただいているうちに緩むことがあります。お使いのケーブルのネジを時々ご確認いただき、締め直すことでトラブルの発生を抑えることができます。


JOYO CM-16 Solder-free Cable 8cmは、8cmの長さのパッチケーブルです。

JOYO CM-17 Solder-free Cable 30cmは、30cmの長さのパッチケーブルです。
ソルダーフリープラグを使用して作られているため、後から自由に長さを微調整することができます。
ドライバーとニッパーがあれば、簡単にプラグを取り外し、また取り付けることができます。そのままパッチケーブルとして使うことができるだけでなく、ケーブルの余りを調整して簡単に作り直すこともできるため、より美しくペダルボードを仕上げることができます。

また、CM-15 Solder-free Cable Kitの追加プラグ/ケーブルとしてもお使いいただけます。
 

各種、5/27発売予定です!お楽しみに!

【ブログ】DEAD ENDのYOUさんからOne ControlのSBT、GAODS、FOAIABのレビューをいただきました!

【ブログ】DEAD ENDのYOUさんからOne ControlのSBT、GAODS、FOAIABのレビューをいただきました!

JOYO / CM-15 Solder-free Cable Kit

JOYO / CM-15 Solder-free Cable Kit