Old Blood Noise Endeavors / Processioin Reverb

Old Blood Noise Endeavors / Processioin Reverb


Old Blood Noise Endeavors / Processioin Reverb

オールドブラッドノイズエンフェヴァース / プロセッションリバーブ

砂が吹きすさぶ霞の向こう、何かがゆっくりと動いて見える。見えたと思えば消え、空間に声が響く。
Procession、それはどこか遠くの惑星の砂漠を思わせる、異世界のサウンド。

Old Blood Noise Endeavors Procession Reverbは、まるでSFのサウンドトラックのような音を作ることができるリバーブペダルです。
リバーブと3種類のモジュレーションセッティングを組み合わせた独創的なエフェクトで、全く新しいサウンドを作ることができます。

Processionのシンプルなコントロールは、トラディショナルなリバーブサウンドからSci-Fiなフィルタを通した複雑で圧巻のエコーまで、様々な残響を作ります。
MixとReverbノブでは、ドライ/ウェットのバランスとリバーブのディケイ(長さ)を調整します。さらにフランジ、フィルター、トレモロのモジュレーションはSpeedとDepthノブで調整できます。また、TremモードでDepthを最小に設定すればリバーブのみで使うことができます。

Processionには2つのフットスイッチがあります。BypassスイッチはエフェクトのON/OFFを切替えるトゥルーバイパススイッチです。Holdスイッチはモメンタリーフットスイッチ(踏んでいる間だけ機能するスイッチ)で、このスイッチを踏むと現在のエフェクト音をロックします。この時、サステインはスイッチを踏んでいる限り永続します。リバーブサウンドはその場でフリーズしますが、モジュレーションはそのまま動き続けるため、音の動きを活かしたままホールドすることができます。さらに、Mixが100%ウェットの設定でなければ、そこにプレイ音を付加することもできます。

また、ProcessionのExp端子にはエクスプレッションペダルを接続することが出来ます。この端子に接続されたエクスプレッションペダルを使用し、Rate、またはReverbコントロールをリアルタイムに動かし、新たな音の可能性を見つけることが出来ます。
内部のスイッチで、この端子にどのコントロールを割り当てるかを設定出来ます。スイッチを右側のポジションにすればRate、左側のポジションにすればReverbとなります。

ProcessionはスタンダードなセンターマイナスDC9Vアダプターで駆動します。消費電流は60mAです。


Processionは、多くのSci-Fiムービーや小説に影響を受け、開発しました。特に70~80年代のSci-Fiやホラームービー黄金期のサウンドトラックからは強い影響を受けています。
例えばジョン・カーペンター。彼はキーボードを用いて素晴らしい楽曲を作り上げました。さらにヴィブラートも好みです。そこで、Old Blood Noise Endeavorsでは雰囲気のあるペダルを、全く新しいフィルタリングやフランジャー、トレモロを加えたペダルを制作しました。動きのあるエフェクトは素晴らしいと思います。


・【MOVIE】

価格:オープンプライス

Old Blood Noise Endeavors / Reflector Chorus

Old Blood Noise Endeavors / Reflector Chorus

Old Blood Noise Endeavors / Haunt Fuzz

Old Blood Noise Endeavors / Haunt Fuzz