【ブログ】コンパクトでパワフルなベース用歪み!ハイゲインにも軽々対応できるAmptweakerサウンドです!

【ブログ】コンパクトでパワフルなベース用歪み!ハイゲインにも軽々対応できるAmptweakerサウンドです!

機能的、ハイクオリティ、コンパクト、そして音も良い。全てのバランスが高い次元で交差し、人気のシリーズ!

●JRシリーズ
Amptweaker JRシリーズは、アンプトゥイーカーのハイクオリティなサウンドを小さなペダルで作って欲しいという多数のご要望をいただいて誕生したシリーズです。
Amptweakerのスタンダードなモデルの機能を出来る限り継承し、さらに多機能なProシリーズの経験も取り入れて完成しました。

エフェクトループやコントロールノブを照らすLED、電源スイッチなどの機能を削減していますが、音色に関する機能はこのサイズながら出来る限り集約して搭載しています。

特にローエンドの出方を切り替えるTightスイッチと、EQ全体を制御するEQスイッチはどちらも3つのモードを搭載。ノーマルモードと2つのモードを選択できることで、好みや機材に合わせたセッティングを実現しています。

多くのコンパクトエフェクターと同等のサイズですが、筐体はAmptweakerオリジナル。フットスイッチ操作がしやすく、ステージ上でノブを間違えて踏んでしまうことを出来る限り回避するためのスラント型筐体で、さらにバックパネルはサムスクリュー1本で取り外しができます。つまり、電池交換の際にドライバーなどの工具は不要です。バックパネルの底面はフラットで、面ファスナーの貼付けも簡単です。
さらに、バックパネルにはすのこ型などのペダルボードに結束バンドでペダルを固定する際に使える“タイラップホール”、ペダルボードにペダルをネジ止めする際に使える“スクリューホール”があります。ペダルボードにバックパネルだけを固定して、ペダルだけをサムスクリューで取り外し、電池交換も可能です。
まさにプレイヤーの視点で作られたコンパクトペダルです。

トゥルーバイパススイッチを備え、9V電池と9~18Vアダプターでの駆動に対応。9Vでは50W、18Vでは100Wアンプのようにダイナミクスの違いがあります。

Amptweaker Bass TightDrive JRは、1台でクリーンブーストからローゲインオーバードライブ、クラシックドライブ、ミドルゲインなディストーション、さらにハイゲインディストーションの領域までをカバーできる、Amptweaerを代表するBass TightDriveのサウンドをコンパクトサイズに詰め込んだオーバードライブ/ディストーションペダルです。

ベーシストからの要望に応え、新たにクリーンシグナルをブレンドするDry Lowノブも追加しました。

Volumeを高く、Gainを低く設定すればクリーンブーストが可能です。アンプをプッシュする際にも最適です。EQセッティングを切り替えたり、Toneノブを使って音色をコントロールできます。
2つのスイッチをSmooth、Tightに設定すると、最もミッドが強いサウンドとなります。Plexiモードはミッドを削ります。
音量のセッティングの際は、まずVolumeを最小に設定し、Dry Lowをバイパス時と同程度に設定します。その後、Volumeを上げると歪みがミックスされます。
Tightスイッチの設定は、Dry Lowの設定と合わせて使うことでより詳細に音作りが可能です。

●コントロール
・Volume:出力音量を調整するマスターヴォリュームです。ブーストすることもできます。
・Tone:高域の出方を調整します。ハイを強くしたり、ローとバランスを取ることが出来ます。
・Gain:歪みを調整します。ヴィンテージトーンからモダンハイゲインまでに対応します。
・EQスイッチ:Plexiはミッドをカットしてエッジを加え、Smoothでは暖かなミッドブーストトーンを作ります。
・Tightスイッチ:Tightはアグレッシブなアタックを作り、Fatはより厚く“歌うような”歪みを作ります。
・Noise Gate:高く設定することでハムノイズを強く減衰させます。
・Dry Low:クリーンシグナルをブレンドします。

●特徴
・トゥルーバイパススイッチ
・音色のローエンドを切り替えるTightスイッチ
・シンプルなGain、Volume、Toneコントロール
・サウンド全体の音色を切り替えるEQスイッチ
・調整可能なノイズゲート搭載
・アダプター駆動では9~18Vに対応。
・サムスクリュー1本でバックパネルを取り外し可能

●スペシフィケーション
インプットインピーダンス:250kΩ(エフェクトON時)
アウトプットインピーダンス:1KΩ(エフェクトON時)
消費電流:13mA(9V)、17mA(18V)
アダプター:5.5mm×2.1mmのセンターマイナスDC9V~DC18V
ハウジング:2mm厚のアルミニウムを使用し、高耐久、軽量を両立
重量:255g
サイズ:6.8cm(W)×11.8cm(D)×5.0cm(H)

Amptweaker Bass TightRock JRは、ブリティッシュヴィンテージプレキシトーンからモダンなハードロック、さらにメタルにまで対応できるハイゲインなディストーションサウンドまでをカバーする人気のオーバードライブ/ディストーションペダルです。ギター用として人気の高いハイゲインディストーションがJRシリーズではベース用としてもラインナップ。メタルとはまた違った、ロックなハイゲインベーストーンです。

ベース用として、新たにクリーンシグナルをブレンドするDry Lowノブも追加しました。ハイゲインでも音の芯を失わないトーンを作ることができます。

クリーンアンプと組み合わせてベースディストーションを作ったり、プリアンプペダルのようにも使えます。Gainを低く、Volumeを高く設定すれば、アンプをオーバードライブさせるブーストとしても有効です。
Plexiモードではミッドをカットし、ハイを強調します。
PAに直結する際などのダークなトーンは、EQをSmoothに設定し、Toneを下げれば作ることができます。
音量のセッティングの際は、まずVolumeを最小に設定し、Dry Lowをバイパス時と同程度に設定します。その後、Volumeを上げると歪みがミックスされます。
Tightスイッチの設定は、Dry Lowの設定と合わせて使うことでより詳細に音作りが可能です。

●コントロール
・Volume:出力音量を調整するマスターヴォリュームです。ブーストすることもできます。
・Tone:高域の出方を調整します。ハイを強くしたり、ローとバランスを取ることが出来ます。
・Gain:歪みを調整します。ヴィンテージロックトーンからモダンなロックにまでに対応します。
・EQスイッチ:Plexiはミッドをカットしてエッジを加え、Smoothでは暖かなミッドブーストトーンを作ります。
・Tightスイッチ:Tightはアグレッシブなアタックを作り、Fatはより厚く“歌うような”歪みを作ります。
・Noise Gate:高く設定することでハムノイズを強く減衰させます。
・Dry Low:クリーンシグナルをブレンドします。

●特徴
・トゥルーバイパススイッチ
・音色のローエンドを切り替えるTightスイッチ
・シンプルなGain、Volume、Toneコントロール
・サウンド全体の音色を切り替えるEQスイッチ
・調整可能なノイズゲート搭載
・アダプター駆動では9~18Vに対応。
・サムスクリュー1本でバックパネルを取り外し可能

●スペシフィケーション
インプットインピーダンス:250kΩ(エフェクトON時)
アウトプットインピーダンス:1KΩ(エフェクトON時)
消費電流:13mA(9V)、17mA(18V)
アダプター:5.5mm×2.1mmのセンターマイナスDC9V~DC18V
ハウジング:2mm厚のアルミニウムを使用し、高耐久、軽量を両立
重量:255g
サイズ:6.8cm(W)×11.8cm(D)×5.0cm(H)

Amptweaker Bass TightMetal JRは、クラシックなメタルからモダンなハイゲインでヘヴィなトーンまでをカバーするメタルディストーションです。

ベースではもちろん、ギターの帯域もしっかりとカバーできるので、8弦や9弦などの多弦ギターを使用してヘヴィなリフやジェンティなプレイをする際にも効果的。クリーンミックスができるので、芯のあるヘヴィなハイゲイントーンを作ります。
クリーンアンプと組み合わせてハイゲインベースディストーションを作ったり、プリアンプペダルのようにも使えます。アンプをオーバードライブさせるゲインブーストとしても有効です。
Thrashモードではミッドをカットし、ハイを強調します。
PAに直結する際などのダークなトーンは、EQをSmoothに設定し、Toneを下げれば作ることができます。
音量のセッティングの際は、まずVolumeを最小に設定し、Dry Lowをバイパス時と同程度に設定します。その後、Volumeを上げると歪みがミックスされます。
Tightスイッチの設定は、Dry Lowの設定と合わせて使うことでより詳細に音作りが可能です。

●コントロール
・Volume:出力音量を調整するマスターヴォリュームです。ブーストすることもできます。
・Tone:高域の出方を調整します。ハイを強くしたり、ローとバランスを取ることが出来ます。
・Gain:歪みを調整します。ヴィンテージロックトーンからモダンなロックにまでに対応します。
・EQスイッチ:Thrashはミッドをカットしてエッジを加え、Smoothでは暖かなミッドブーストトーンを作ります。
・Tightスイッチ:Tightはアグレッシブなアタックを作り、Fatはより厚く“歌うような”歪みを作ります。
・Noise Gate:高く設定することでハムノイズを強く減衰させます。
・Dry Low:クリーンシグナルをブレンドします。

●特徴
・トゥルーバイパススイッチ
・音色のローエンドを切り替えるTightスイッチ
・シンプルなGain、Volume、Toneコントロール
・サウンド全体の音色を切り替えるEQスイッチ
・調整可能なノイズゲート搭載
・アダプター駆動では9~18Vに対応。
・サムスクリュー1本でバックパネルを取り外し可能

●スペシフィケーション
インプットインピーダンス:250kΩ(エフェクトON時)
アウトプットインピーダンス:1KΩ(エフェクトON時)
消費電流:13mA(9V)、17mA(18V)
アダプター:5.5mm×2.1mmのセンターマイナスDC9V~DC18V
ハウジング:2mm厚のアルミニウムを使用し、高耐久、軽量を両立
重量:255g
サイズ:6.8cm(W)×11.8cm(D)×5.0cm(H)

【ブログ】極上クラシックなファズサウンド!Animals Pedal Rover FuzzのJakeさんによる動画とレビューが公開!

【ブログ】極上クラシックなファズサウンド!Animals Pedal Rover FuzzのJakeさんによる動画とレビューが公開!

【ブログ】可愛いくて手頃なだけじゃない!高級モデルと変わらぬ渋いヴィンテージトーンを作るAnimals Pedalのエフェクター!

【ブログ】可愛いくて手頃なだけじゃない!高級モデルと変わらぬ渋いヴィンテージトーンを作るAnimals Pedalのエフェクター!