Mooer / The Wahter

Mooer / The Wahter


Mooer / The Wahter
ムーアー / ザワウター

ワウペダルは大きく、ON/OFFのたびに奥まで踏み込む必要があり、重たい。たしかにかつてはそうだったかもしれません。

今は違います。Mooer The Wahterがあるからです。
The Wahterの開発は、常にワウペダルへの疑問を考えながら行いました。

The Wahterは、伝統的なクラシックワウペダルの豊かなハーモニクスやまるで声のようなスウィープに、さらなる操作性と利便性を向上させたのです。

Mooerオリジナルの感圧センサースイッチはペダルに足を乗せるだけでワウのON/OFFが可能。さらにクラシックなプレイスタイルを愛するプレイヤーのため、ペダルを踏んでON/OFFを切り替えるよう設定することもできます。

ミニサイズペダルと同等の超コンパクトサイズ。そのまま操作することはもちろん、ペダルリングを展開することで、ペダル部のサイズを拡げ、より高い操作性を実現します。
折りたたみ式のペダルリングにより、移動時は極小サイズに、演奏時はペダル部のサイズだけを大きくすることが可能となりました。


●特徴
・高域から低域まで広く拡大されたワウトーンで、リードにも最適なサウンドを
・ハイクオリティコンポーネンツにより、ペダル可動域全体で上質なトーンを実現
・感圧センサースイッチにより、足を乗せるだけでエフェクトONに
・3種類のモードによって多彩なプレイスタイルに適合
・超小型筐体に、展開可能なペダルリングを装備
・トゥルーバイパススイッチ、DC9Vアダプターで駆動


●セットアップ
・楽器側のケーブルをThe Wahterのインプットに接続します。

・アンプや他のエフェクタへのケーブルをThe Wahterのアウトプットに接続します。

・ペダルに足を乗せれば(センサーモード)ワウエフェクトがかかります。ペダルを踏み込めば高域、手前に戻せば低域が強くなります。センサーモードではペダルに足を載せたり外したりすることでワウサウンドとエフェクトOFFのサウンドを即座に比べることもできます。
・ユーザーのプレイスタイルや好みに合わせ、ペダルリングを展開することができます。リングを折りたたんだ最小サイズの状態から、奥側だけ、手前だけの片方や前後両方のリングを展開することで、最も好みに合った操作性を選ぶことができます。

●3つのモード
The Wahterには3つのモードがあります。

・Sensor Mode:足をペダルに置くだけでエフェクトがONになり、足を離せばトゥルーバイパスとなるモードです。

・Hold Mode:ペダルのセンサーを2回タップすることでワウのON/OFFを切り替えるモードです。クラシックなスタイルの操作性に近く、またエフェクトONのまま足を離すことができるので半止めワウとして使う際にも有効です。

・Advanced Mode:センサーモードとホールドモードをセンサー2回タップで切り替えることができるモードです。センサーモードとして使用する場合と、半止めなどホールドモードとして使用する場合の両方の使い方ができます。

●モード切替え
The Wahterの3つのモードを切り替えるには、ペダルを手前まで戻し(ヒールダウン/トウアップ)、手前側のセンサーを踏んだままアダプターを差し込むことで可能です。この状態では電源を入れ直すたびにモードが変わります。電源を入れた際、LEDの点滅回数でモードを表示します。

・Sensor Mode:LEDが1回点滅
・Hold Mode:LEDが2回点滅
・Advanced Mod:LEDが3回点滅

※ここで設定したモードは、電源を切っても記憶されます。ペダルに足を置かずに電源を入れれば、ここで設定したモードのままペダルが駆動します。

●スペック
インプット:1/4インチモノラルオーディオジャック(インピーダンス:1MΩ)
アウトプット:1/4インチモノラルオーディオジャック(インピーダンス:100Ω)
電源:レギュレートされたセンターマイナスDC9Vアダプター(電池はご使用になれません)
消費電流:50mA
サイズ:128mm(D)×55mm(W)×48mm(H)
重量:460g

種類:ワウペダル(ギター・ベース用)
アダプター:9Vセンターマイナス
電池駆動:-
コントロール:-


・【MOVIE】

価格:オープンプライス

Mooer / Leveline

Mooer / Leveline

Mooer / Micro Preamp 010

Mooer / Micro Preamp 010