Electro-Faustus / EF109 Drone Thing

Electro-Faustus / EF109 Drone Thing

EF109 Drone Thing.jpg

Electro-Faustus / EF109 Drone Thing

エレクトロファウストゥス / イーエフ109 ドローンシング

Electro-Faustus EF109 Drone Thingは6つのオシレーターをコントロールし、幻想的で美しいポリフォニックトーンを作ることの出来る、新世代のエレクトリック楽器です!まるで全く新しいエレクトリックギターのように、最大6つの和音を自在にコントロールできます。

●使い方

1.Power:このスイッチで、ユニットの電源をON/OFFします。インジケータが点灯し、オシレーターが動きます。
2.Volume:全体の音量を調整します。
3.Pitch Control:EF109 Drone Thingは6つのポリフォニックオシレーターを内蔵しています。6つのノブがそれぞれのピッチを個別にコントロールします。最初のオシレーター(一番左側のノブ)はLFOです。ここの周波数は他の5つよりも低くなっています。独創的なリズミックパターンを刻むことができ、他の5つのオシレーターと同期したり影響したりします。ノブを時計回りに回せばピッチが上がります。
4.Oscillator On/Off:それぞれのオシレーターは個別にON/OFFできます。
5.Tone:ローパスフィルターです。反時計回りで高域がカットされ、ベースギターのような音色になります。時計回りに回せば、より明るくトレブリーな音色となります。
6.Power Starve:ICチップに供給される電源を調整します。反時計回りに回せば電圧が下がり、ホワイトノイズの入った音色やゲートのかかった音色を作ることができます。時計回りに回せばチップのパワーを最大限に発揮し、クリアな音色となります。このとき、オシレーターの音色は典型的なスクエアウェーブとなります。
 
●プレイングテクニック
まず、Power Starveは最大に設定します。Pitch Controlで出したい音色を調整します。左から順にオシレーターをONにし、1つずつ音を足していきます。最初は全てのオシレーターで同じ音階(同音程やオクターブ違いの音色)を出してみてください。様々な音を作ることができます。気に入った音が出たら、一番左側のノブを下げてみます。すると様々なパターンのリズムを刻み始めます。Volumeコントロールで音量を変えると、また違った音が見つかります。
さらに、アウトプットから別のエフェクターを通し、いろいろな音を出してみましょう。

●電源
EF109 Drone Thingは一般的なエフェクターで使用される、センターマイナスDC9Vアダプター(別売)で駆動します。電池はご使用になれません。

種類:ノイズ関連(オシレーター)

アダプター:9Vセンターマイナス

電池駆動:-

コントロール:Volume、PitchControl×6、Power Starve、Tone、Powerスイッチ、Oscillator On/Off スイッチ×6


・【MOVIE】

価格:オープンプライス

 

ezhi&aka / Fernweh

ezhi&aka / Fernweh

Cusack Music / Screamer Bass

Cusack Music / Screamer Bass