Copilot Fx / Orbit

Copilot Fx / Orbit

Orbit-Black-01.jpg

※Black

Orbit-White-01.jpg

※White


Copilot Fx / Orbit

コピロットエフエックス / オービット

宇宙旅行へようこそ!

軌道という意味を授けられたこのOrbitは、「フリーケンシーモジュレートファズ」という、ほかでは類を見ないエフェクターです。
オシレーターを自在に操ることができ、アナログシンセサウンド、ビットクラッシャーからえげつないファズサウンドまで自由自在!
ベースとの相性も非常に良く、効果的です

EXPペダルをつなげば、FREQ.コントロールを足下でコントロールでき情熱的なプレイを実現させることができます。

1.インプット:楽器からの信号を接続します。
2.パワージャック:アダプターを接続します。スタンダードなセンターマイナスのDC9V
アダプターで駆動します。
3.アウトプット:他のエフェクターやアンプへの出力です。
4.FRQ Sync:右ポジションにすると、VCOの周波数をEXPジャックからコントロールできます。
5.VOL Sync:左ポジションでVCOボリューム、右ポジションでファズボリュームをEXPジャックからコントロールできます。
6.GATE:ファズ・トリガーセクションへと入るシグナルの量をコントロールします。最小設定では最もサステインが短く、ブチブチと途切れるサウンドになります。上げていくと
サステインが長くなり、VCOからの出力も長くなります。フルアップではVCOのトリガーを行いますので、トリガリングの間違いを避けるため、フルアップから少し下げた状態までで通常は設定してください。
7.EXP.:VCOの周波数を微調整します。
8.FRQ:VCOの中心周波数を設定します。
9.DRY:エフェクトにドライシグナルを付加します。
10.ノブ:何も書かれていないノブです。このノブはFUZZコントロールで、ゲーテッドファズを出力に追加することができます。
11.VCO:全体の出力にVCOを加えます。FRQ、EXPでその周波数を調整し、GATEノブでトリガーの調整をします。
12.LEDインジケータ:エフェクトのON/OFFを表示します。
13.EXPジャック:TRSステレオケーブルを使用するエクスプレッションペダル、または0-5VのCVコントローラーを接続します。
14.フットスイッチ:エフェクトのON/OFFを切替えるスイッチです。

Orbit-Black-03.jpg
Orbit-White-02.jpg
Orbit-White-03.jpg

[Movie]

価格:オープンプライス

Copilot Fx / Planetoid

Copilot Fx / Planetoid

Diaz Pedals / Texas Square Face

Diaz Pedals / Texas Square Face