【ブログ】ヴィンテージアナログトーンを自由自在にコントロール!極上空間系! Wren and Cuff Sonder発売!

【ブログ】ヴィンテージアナログトーンを自由自在にコントロール!極上空間系! Wren and Cuff Sonder発売!

極上です。

ヴィンテージサウンドに高いこだわりを持つWren and Cuffの空間系エフェクトです。コーラスとトレモロを融合させ、独特の回転するような揺れを作ったり、コーラス、トレモロを単体で使用してヴィンテージなトーンをつくります。

Wren and Cuff Sonderは特別なコーラス・トレモロペダルです。完全に独立したアナログコーラスとトレモロを組み合わせています。
“アナログライク”“アナログヴォイス”“シミュレート”等の表現は必要ありません。完全なアナログコーラスとアナログトレモロで構成されています。

コーラスチャンネルとトレモロチャンネルは様々に組み合わせて使うことができます。速いコーラス、スローなトレモロ、スローなコーラス、速いトレモロ、ミディアムな……無限大にトレモロとコーラスを合わせたサウンドを作ることができます。

それぞれのエフェクトは個別に使うこともできます。それぞれのチャンネルにあるDepth/Mixコントロールが0%に設定されると、エフェクトがシグナルチェインから取り除かれ、FETベースのアクティブバッファードバイパス状態となります。そして、Sonder本体のバイパスフットスイッチはトゥルーバイパスです。

Sonderのトレモロチャンネルはタップテンポにも対応します。タップテンポが入力されるとそのテンポに合わせたトレモロレートになり、Rateノブが操作されるとノブの設定が有効になります。

タップテンポスイッチをホールドすると、トレモロチャンネルの波形をサインウェーブとスクエアウェーブから切り替えることができます。LEDカラーがブルーの時はサインウェーブ、レッドの時はスクエアウェーブとなります。
サインウェーブではスムースなヴィンテージトレモロサウンドを作り、スクエアウェーブではチョッピーでハードなトレモロサウンドとなります。

タップテンポスイッチをホールドすると、トレモロチャンネルの波形をサインウェーブとスクエアウェーブから切り替えることができます。LEDカラーがブルーの時はサインウェーブ、レッドの時はスクエアウェーブとなります。
サインウェーブではスムースなヴィンテージトレモロサウンドを作り、スクエアウェーブではチョッピーでハードなトレモロサウンドとなります。

音は素晴らしいです。コーラスはまさに往年のアナログサウンド。Small Clone系よりも少しすっきりとした、バランスの良い極上アナログコーラスです。

トレモロは柔らかなサインウェーブトレモロとはっきりと動くスクエアウェーブ。どちらもヴィンテージアンプ系のトレモロサウンドが基本です。

コーラスとトレモロを組み合わせることで美しく渦を巻くような音色を作ることができます。そのサウンドがバンドの中で失われてしまわないよう、ブースト回路を内蔵しました。Volume/Boostノブで全体のブーストレベルや音量を調整することができます。

Bearfoot Guitar Effects / Model G

Bearfoot Guitar Effects / Model G

Daredevil Pedals / Fuzz Boss

Daredevil Pedals / Fuzz Boss