【ブログ】ワンコントロール代表作SRODと、その限定モデル、Lingonberry OverDriveとCranberry OverDriveを比べてみましょう!

【ブログ】ワンコントロール代表作SRODと、その限定モデル、Lingonberry OverDriveとCranberry OverDriveを比べてみましょう!

One Controlの代表作となった、定番の“赤いオーバードライブ”。Strawberry Red Over Drive、そしてついに両モデルとも入荷となりました、Lingonberry OverDrive、Cranberry OverDriveを比較!

ただのゲイン違いだけ以上の差が、実はあるんです。

まずはハイゲインバージョンのLingonberry OverDriveです。太く倍音の豊かなサウンド。あくまでもスタンダードサウンドでありながら、オーバードライブとは思えないハイゲインにも到達します。

ハイゲインといっても、ディストーションのような無機質感のある音ではなく、あくまでも上質な真空管アンプのもつ暖かなトーンを常に意識させます。音が濁ることもなく、飽和感のある音がポイント。倍音成分も豊富で、これはオリジナル以上です。

例えばマーシャルやフェンダーなどのスタンダードな真空管アンプなら、より激しい楽曲やパートで威力を発揮します。また、コンプレッションがけっこうかかりますので、例えばレガートやライトハンドを多用するテクニカルなリードにも最適。サステインは長ければ長いほど、テクニカルリードの演奏性は上がります。

また、JCや自宅の小型アンプでは、ロックンロール~ハードロックなバッキング用としても最適。どうしてもアンプを歪ませることができない状況で、しっかりとした歪みを作ることができるのはありがたいですね。自宅でのレコーディングにも使えます。

一方、ローゲインバージョンのCranberry OverDrive。こちらもまた素晴らしいです。

開発者のBJFは、ローゲインバージョンはペダルの本質が分かるので作るのが好きだと言います。つまり、SRODの本質を見極めるならこのCBODを弾けば良いということではないでしょうか。

トランスペアレントオーバードライブかと思うほどクリアなトーンはきちんと倍音成分が載っていて、クリアなのに伸びる、そして固くならない暖かみが常にあるトーンです。

ブルースやジャズのリードや、カントリーにも最適でしょう。さらに常時ONでプリアンプのように使うのも素晴らしく良いです。LBODがJCを歪ませるために使えるなら、CBODはJCでクリーントーンを作るために使えます。

さらにメタルギタリストも注目です。メタルなハイゲインは本物のアンプで作ると素晴らしいものですが、それをブーストしたりプッシュするのは簡単ではありません。クリーンブーストでは効かないし、かといってオーバードライブをかけたら音の輪郭がわからなくなる。そのため、モダンハイゲインアンプをブーストするにはローゲインオーバードライブが鉄板なのです。

CBODはハイゲインアンプとのコンビネーションも素晴らしいです。

また、昨今ユーザーの多い高級デジタルエフェクターにチューブライクな質感を付けるためにも使えます。センドリターンや後段に設置して、デジタルであまりにも高解像度すぎてしまうことのあるハイエンドアンプシミュレーターのサウンドに暖かさを追加してみましょう。

オリジナルモデルです。

改めて弾いてみるとSRODの凄さはよくわかります。何が素晴らしいって、バランスの良さ。

音そのものが良いのはもちろんです。上質なチューブアンプに共通する特性を凝縮したようなサウンドは、レスポンスも高く、甘いクリーントーンから激しい飽和感のあるハイゲインドライブまで、何の苦もなくギターのVolumeで操作可能。もちろんそれはLBODやCBODも同じなのですが、SRODのバランスの良いゲインレンジやドライブトーンは何か安心感のある音ですね。

是非この3機種、お試し下さい!

【ブログ】オレンジAIABの決定版!One Control Fluorescent Orange Amp In A Boxは本当に音が良いんです!

【ブログ】オレンジAIABの決定版!One Control Fluorescent Orange Amp In A Boxは本当に音が良いんです!

【ブログ】あの伝説のアンプサウンドを再現!Animals Pedal Major Overdrive!次の名演を生み出すのは君だ!

【ブログ】あの伝説のアンプサウンドを再現!Animals Pedal Major Overdrive!次の名演を生み出すのは君だ!