【ブログ】シンプルなディレイから、ねじれてうねる船酔いサウンドまで!Recovery Effects Viktrolux入荷しました!即納可能!

【ブログ】シンプルなディレイから、ねじれてうねる船酔いサウンドまで!Recovery Effects Viktrolux入荷しました!即納可能!

入荷しました!

個性派ペダルブランド、Recovery Effectsの新製品、Viktrolux!新しいモジュレーションを作ろうと、壊れたテープレコーダーからテープがうねうねと出てしまったような音をイメージしたモジュレーションディレイペダルです。

かなりの個性派なのは確か。でもきちんと制御できるペダルです。コントロールも多いようですが分かりやすい構成です。

TIME:ディレイタイムを調整します。
BLEND:エフェクトシグナルとクリーンシグナルのバランスを調整します。
VOLUME:全体の音量を調整します。
SHAPE:FLUTTERの波形をコントロールします。トライアングルからスクエアウェーブまで可変できます。
FLUTTER:テープフラッターのスピードを調整します。
WOW:メルティングモジュレーションを調整します。
STABILITY:FLUTTERのON/OFFを切替えます。
REPETITION:ディレイのリピートをワンショットとマルチプルで切替えます。

珍しいのはVolumeコントロールがあること。Blendとは別なんです。よくディレイペダルだとDelayとかEffect Levelというコントロールがあり、原音の音量は変えずにそこにディレイを混ぜることはできますが、さらに全体の音量を調整できるのは珍しい。軽いブーストもできるので、コレ1台でちょっとしたリードもいけます。

このこだわり。ディレイベースの個性派エフェクトをここまでハンドメイドするブランド、今時そうそうありません。これもRecovery Effectsならではですね。

STABILITYスイッチでモジュレーションを切れば普通のディレイになります。ワンショットディレイ(1度だけ反復するディレイ)が選べるので、実は常時ONにして音に厚みを持たせるような常識的使い方も可能。しかし真髄はやはりSTABILITYでモジュレーションを有効にした音です。

このモジュレーションがかなりの曲者。ポイントはWOWコントロールです。いわゆるモジュレーションのDepthコントロールのように使うことができるわけですが、これだけで薄く揺らぐような美しく立体感のある音から、おもちゃのバネみたいなびよんびよん跳ねる音、そして“Sea Sick”モジュレーション、つまり船酔い系うねりのサウンドまでがコントロールできます。

FLITTERとSHAPEコントロールはWOWを設定した後で揺れ方を調整する、という使い方が良いのではないでしょうか。真面目なディレイ、少し幻想的なモジュレーション、そして意味不明のびよんびよんサウンドまで。ここまでできるモジュレーションディレイは個性的です。とても楽しめるペダルです。是非体感してみて下さい!

【ブログ】その音、まさにクラシック!ゲルマニウム全開のOC75レンジマスターブースト!Wren and Cuff She Boost!

【ブログ】その音、まさにクラシック!ゲルマニウム全開のOC75レンジマスターブースト!Wren and Cuff She Boost!

【ブログ】オレンジAIABの決定版!One Control Fluorescent Orange Amp In A Boxは本当に音が良いんです!

【ブログ】オレンジAIABの決定版!One Control Fluorescent Orange Amp In A Boxは本当に音が良いんです!