【ブログ】ヘヴィネス、グランジからギルモアやサンタナまで……上質なビッグマフをお手頃に!Animals Pedal Rust Rod Fuzz!

【ブログ】ヘヴィネス、グランジからギルモアやサンタナまで……上質なビッグマフをお手頃に!Animals Pedal Rust Rod Fuzz!

これ、すごいんです。

魅惑のエフェクター、ビッグマフ。
世界中のギタリストから愛されるそのサウンドは、音の壁と表現されることもあります。太く、分厚い倍音成分が迫りくるような音は、グランジやシューゲイザー、ヘヴィネスなど多くの楽曲で活躍しています。特にJ・マスシスをはじめ、ソニック・ユースやKORNなど、ビッグマフを愛用するアーティストは数知れません。

音の壁のような重たい轟音と共に、繊細で伸びやかなリードトーンも大きな特徴です。特にディレイをかけてリードを弾けば、デヴィッド・ギルモアの独特で陰鬱なUKプログレの狂気やサンタナが奏でるラテンロックの伸びやかで太いトーンなど、歴史的な名演を支えたことでも知られています。

実はファズフェイスの印象が強いジミ・ヘンドリクスも、最初期のビッグマフを気に入っていたほどです。

長い歴史の中で多くのデザインや機能の変更があり、それぞれが伝説を持つ。それゆえ多くのプレイヤーから愛されているのではないでしょうか。

Animals Pedal Rust Rod Fuzzは、数ある伝説の中でも特に人気の高い、70年代前半に制作された“ラムズヘッド”と呼ばれる時期のビッグマフを再現することができます。
他の時代と比べるとミッドが強く、メロウなトーンとして知られています。特に伸びやかなリードトーン、さらにTONEを高く設定すればジリジリした音となります。ジャンルを超え、世代を超えて愛される音色です。

本物のラムズヘッドは数も少なく高価で、愛好家でないと入手は難しいでしょう。Rust Rod Fuzzなら、世界中が求める伝説の音色を高い次元で再現することができます。

正直言って、この音がこの価格で再現できるとは思っていませんでした。Skreddy Pedalsの設計のすごさです。プロトタイプが届いて音を出した瞬間、本当にぶっ飛びました。

その時のままの音が、このペダルにはあります。本物のヴィンテージマフ。特にラムズヘッド期の音なら、まずはRust Rod Fuzzをお試し下さい!

【ブログ】1ループボックスとABボックスの違いとは? シンプルなOne Control Minimal Seriesで比べてみよう!

【ブログ】1ループボックスとABボックスの違いとは? シンプルなOne Control Minimal Seriesで比べてみよう!

【ブログ】極上のクラシックファズサウンドを手軽に、今のシステムで作る!Animals Pedal Rover Fuzzです!

【ブログ】極上のクラシックファズサウンドを手軽に、今のシステムで作る!Animals Pedal Rover Fuzzです!