【ブログ】モダンマーシャルサウンドを手軽に作るディストーション!80sな風合い感じるディストーションならJHS Pedals Angry Charlie V3!

【ブログ】モダンマーシャルサウンドを手軽に作るディストーション!80sな風合い感じるディストーションならJHS Pedals Angry Charlie V3!

エフェクターに正解はない。本当にそう思います。

昨日のブログで、手軽なディストーションとは違うプレキシなオーバードライブ、Animals Pedal Major Overdriveをご案内させていただきました。

では、今日は逆に、まさにロックなディストーションペダルをご案内しましょう。こちらも素晴らしいんです。

JHS Pedals Angry Charlie V3は、昨今流行りのAIABペダルというよりも、もっとクラシックなマーシャル系ディストーションと言う方が正しいペダルです。

もちろんかつてのディストーションペダルのように、ゲインを下げようがギターのボリュームを触ろうが、下手をすればピックアップを選択しようが同じ歪みしか出せない、というようなペダルではありません。そこはJHSです。当然のようにギターのボリュームを下げればゲインを変えてクリーンへと戻せますし、サウンドには常にJCM以降のマーシャルっぽい、じわっとした倍音のまとわりつく感じがあって、流石です。

そんなほぼAIABなペダルですが、このペダルの奥底にはやはりディストーションの血が流れています。

ペダルのベースとなったのはかつて一世を風靡した伝説のディストーション、Marshall Guv'nor。それが発展に発展を重ねてこうなるというのもJHSの凄さですが、その根底にある血脈が、このペダルの音に独特のディストーションらしさを与えています。

どこかに見え隠れする無機質さがメタリックな風合いを作り出すので、アンプらしい音でありながら勢いのあるディストーションペダルらしい音を作ることができるのです。

新たに追加されたマーシャルスタックを元にする3バンドEQの使い勝手もアンプらしい操作感を実現しています。それなのに、以前のバージョンよりも強く、血統の奥にあるガバナーの香りが感じられるのです。

今の時代の本気が作ったマーシャルディストーション。何も考えずにロックできるペダルです。

【ブログ】ワンコントロール代表作SRODと、その限定モデル、Lingonberry OverDriveとCranberry OverDriveを比べてみましょう!

【ブログ】ワンコントロール代表作SRODと、その限定モデル、Lingonberry OverDriveとCranberry OverDriveを比べてみましょう!

【ブログ】あの伝説のアンプサウンドを再現!Animals Pedal Major Overdrive!次の名演を生み出すのは君だ!

【ブログ】あの伝説のアンプサウンドを再現!Animals Pedal Major Overdrive!次の名演を生み出すのは君だ!