Mooer / GE200

Mooer / GE200

GE-200.jpg

Mooer / GE200
ムーアー / ジーイーニヒャク

Mooer GE200は、多彩なアンプモデリング、エフェクトモデリングを収録するマルチエフェクトペダルです。ミュージシャンの求める機能をまとめ、レコーディングからライブステージ、さらに自宅での練習にも活躍します。

GE200には人気のMooer Micro Preampシリーズと同様の最先端技術を用いた55種類のアンプモデリングを収録。これらのデジタルアンプモデルは本物のアンプ同等の音色、トーン、タッチ、フィールを実現します。

さらに8種類のワウ/コンプレッサー、20種類の歪み、26種類のキャビネット、3種類のノイズサプレッサー、4種類のイコライザー、19種類のモジュレーション、9種類のディレイ、7種類のリバーブエフェクトを収録。これらはFX/COMP、DS/OD、AMP、CAB、NS、EQ、MOD、DELAY、REVERBのエフェクトブロックに分かれており、各ブロックは自由なルーティングで接続を設定することができます。
これらは3.5インチフルカラーディスプレイに表示され、簡単にセッティングが行えます。

3つのフットスイッチはプリセット選択に加え、タップテンポや設定したエフェクトブロックのON/OFF操作が可能。ビルトインエクスプレッションペダルには複数のパラメータを割り当てることもできます。

ハーフスピードとリバースエフェクトを設定できる52秒までのフレーズルーパー、40種類のドラムパターンと10種類のメトロノームを収録するリズムマシン、さらに即座に起動できるチューナーも搭載します。

USB端子からPCに接続すれば、オーディオインターフェイスとしてダイレクトレコーディングも可能。エディタソフトウェアからの操作やファームウェアアップデートも行えます。

200種類のプリセットにこれらの設定をプリセットして即座に呼び出すことができます。
直感的に操作できるインターフェイスにより、必要な音色を細かく追求することができます。

スタイリッシュでコンパクトなアルミニウム筐体に、これら全ての機能が詰まっています。

●特徴
・55種類のハイクオリティなアンプモデリング
・26種類のスピーカーキャビネットモデルに加え、サードパーティのIRを
追加可能
・70種類のハイクオリティエフェクトを収録:コンプレッサー、ドライバー、
ノイズゲート、EQ、モジュレーション、ピッチ、フィルター、ディレイ、
リバーブ等
・52秒までのフレーズルーパー:ハーフスピード、リバースエフェクト搭載
・40種類のドラムパターンと10種類のリズムを収録したドラムマシン
・200までのユーザープリセットを保存/呼び出し可能
・内部エフェクトの接続順を自由に設定可能
・PCと接続し、PCからの操作やダイレクトレコーディング可能なUSB端子
・AUXインプットとヘッドフォンアウトを搭載

●接続端子

GE20001.jpg

・AUX IN:MP3プレイヤーやモバイルフォンなど、外部のオーディオソースを接続する1/8インチステレオジャックです。GE200を通して音楽を再生し、それに合わせて練習をすることができます。
・EXP 2:1/4インチステレオプラグを接続するエクスプレッションペダル端子です。
・IN:楽器を接続する1/4インチフォンジャックです。
・OUT:GE200のメインオーディオアウトプットです。モノラルで使用する場合はLに接続します。LとRを使用するとステレオアウトが可能となります。
・HEADPHONES:ヘッドフォンを接続して音を出さずに練習したり、GE200をサウンドカードとして使用する際のモニタリングに使用します。
・USB:PCと接続してダイレクトレコーディング、ソフトウェアアップデート、エディタからプリセットエディットを行います。
・DC 9V:9VDCアダプターを接続します。

●Mooer Studioエディタ
 

GE20005.jpg

200のプリセットは本体のコントロールからエディットすることもできますが、PCとUSBで接続することでMooer Studioエディタを使用することもできます。さらに、サードパーティIRを読み込み、キャビネットシミュレーターとして使うこともできます。

●Mooer Studio Editorの使い方
・ダウンロードしたファイルを解凍し、ソフトウェアをインストールします。
・Mooer GE200をUSBケーブルでPCと接続し、電源を入れます。
・インストールしたMooer Studioソフトウェアを起動し、Search Deviceをクリックします。
・ドロップダウンメニューからデバイスを選択します。
・Open Deviceをクリックすると、エディタが開きます。

●ファームウェアアップデート
※ファームウェアアップデートにはMooer Studioソフトウェアが必要です。
・Mooer GE200をUSBケーブルでPCと接続します。
・左側の▼フットスイッチを押しながらアダプターを接続します。(アップデートモードとなります)
・Mooer Studioソフトウェアを起動し、Search Deviceをクリックします。
・ドロップダウンメニューからGE200 UPDATEを選択します。
・Updateをクリックすると、アップデートが開始されます。アップデート中は本体の操作、ケーブルの接続等を変更しないで下さい。


●スペック
エフェクトタイプ:151
プリセット:200
インプット:1/4インチモノラルオーディオジャック
アウトプット:1/4インチモノラルオーディオジャック×2
AUX IN:1/8インチステレオオーディオジャック
ヘッドフォンアウト:1/8インチステレオオーディオジャック
EXP2:1/4インチステレオオーディオジャック
サンプリングレート:44/.1K
サンプリング精度:24bit
S/N:98dB
IR:
 フォーマット:Wav
 サンプリングレート;44.1KHz(全サンプリングレートをサポート)
 サンプリングレート精度:24bit
 サンプル:512
電源:レギュレートされたセンターマイナスDC9Vアダプター(電池はご使用になれません)
消費電流:600mA
サイズ:297mm(D)×145.5mm(W)×45.5mm(H)
重量:1.4kg

・ファームウェアバージョン
v1.2.0
キャビネットシミュレータ、マイクディスタンスアルゴリズムをアップグレード
EXPボリュームペダルセッティングにMin/Max設定を追加
アンプモジュールのPRESNCEパラメータにUHFレスポンスを用いてアップグレード
カスタムEQの最小周波数レンジを100-60Hzに変更

IRインポート後音がでない現象を修正
USBオーディオレコーディングボリュームが小さい症状を修正
Windowsのバージョンによる互換性を修正

種類:マルチエフェクター
アダプター:9Vセンターマイナス
電池駆動:-
コントロール:MASTER、VALUE、FX/COMP、DS/OD、AMP、CAB、NS、EQ、MOD、DELAY、REVERB、RHYTHM、PLAY、SYSTEM、SAVE、CHAIN、CTRL/TAP、EXP、▲、▼、CTRL/TAP

GE-200-05.jpg
GE-200-01.jpg
GE-200-02.jpg
GE-200-03.jpg
GE-200-04.jpg

・【MOVIE】

価格:オープンプライス

mooer ge200 v1.01_ページ_1.jpg
mooer ge200 v1.01_ページ_2.jpg
【ブログ】明瞭に細部まで聞き取れる音の壁。One Control Baltic Blue Fuzz!

【ブログ】明瞭に細部まで聞き取れる音の壁。One Control Baltic Blue Fuzz!

【ブログ】あの人気リバーブが帰ってきました!Animals Pedal Bath Time Reverb!

【ブログ】あの人気リバーブが帰ってきました!Animals Pedal Bath Time Reverb!