【ブログ】ドワーフクラフト初のモジュレーション!使い方いろいろ!Dwarfcraft Devices Twin Stags即納可能!

【ブログ】ドワーフクラフト初のモジュレーション!使い方いろいろ!Dwarfcraft Devices Twin Stags即納可能!

常に個性的で、かなりぶっ壊れているように見え、実は知性的な機能を持つDwarfcraft Devicesが、初めてモジュレーションペダルを作りました!

コーラス?フェイザー?まさかヴィブラート?

いいえ、トレモロです。それもツイントレモロ。そのLFOを様々な機器と連携させることが出来ます。

Dwarfcraft Devicesにとって、初めてのモジュレーションペダルが完成しました。

Twin Stags。ダブルトレモロ。2つのトレモロ回路を搭載し、それぞれにフル機能を装備。ほとんど動作していないと感じるほどスローなトレモロからリングモジュレーション的な超高速トレモロまでに対応します。

トライアングルコアのLFOは、ランプからノコギリまで、様々な波形を調整できます。

Twin Stagsにはコントロールボルテージ(CV)の入出力が可能な1/8インチのミニジャックを搭載しています。これにより、外部コントロールからのリアルタイムコントロールや外部ペダルとの同期、ユーロラックシンセモジュールと連携してサウンドを作ることができます。

また、2つのトレモロ回路には独立したLFOが搭載されていますが、LFO2をLFO1のスピードで制御することも出来ます。

さらにTwin Stagsにはエクスプレッションペダルインプットを搭載し、2つのLFOを個別に操作することが出来ます。

これらの多彩な機能をコンパクトな筐体に収めました。最大のサウンドクオリティと機能を求めたトレモロペダルです。

●コントロール

上段:トレモロ1

Rate:LFO1のスピードをコントロールします。

Shape:LFO1の波形を調整します。ノコギリからトライアングル、ランプ波形まで変わります。

Depth:このコントロールはアッテインバータです。中央に設定するとLFOには全く影響しません。時計回りに回せばCVのポジティブアクションが増幅され、反時計回りに回せばネガティブにスウィングします。トレモロは音量をカットするだけですが、他の機器とCVを同期させた時、この機能がより効果的となります。

下段:トレモロ2

Rate:LFO2のスピードをコントロールします。

Shape:LFO2の波形を調整します。ノコギリからトライアングル、ランプ波形まで変わります。

Depth:このコントロールはアッテインバータです。中央に設定するとLFOには全く影響しません。時計回りに回せばCVのポジティブアクションが増幅され、反時計回りに回せばネガティブにスウィングします。

2つのトレモロは、トレモロ1の方が高周波で、トレモロ2はスローなサウンドを作ります。

2MOD1トグル

このトグルスイッチをアクティブ(上ポジション)にすると、トレモロ2がトレモロ1のLFOレートでモジュレートされます。下ポジションにするとトレモロ2の機能は独立したトレモロとなります。

CV1<:外部ソースからのコントロールボルテージ(CV)を受け、トレモロ1のLFOをコントロールします。

CV2<インプット;外部ソースからのコントロールボルテージ(CV)を受け、トレモロ2のLFOをコントロールします。

<LFO:LFO1を他のデバイスにCVシグナルとして送信します。

<LFO2:LFO1を他のデバイスにCVシグナルとして送信します。この時、アッテインバータがかかる前のLFOが出力され、他の機器をLFOそのものの波形でコントロールします。

IN:オーディオインプットです。アウトプットはINジャックと逆側にある何も書かれていないジャックです。

XP1:LFO1をコントロールするエクスプレッションペダルを接続します。

XP2:LFO2をコントロールするエクスプレッションペダルを接続します。

※エクスプレッションペダルは50kΩのタイプを推奨します。

Twin StagsはセンターマイナスDC9Vアダプターで駆動しますが、内部で+/-12Vの電圧に変換されます。

サイズ:11.8×9.3×5.7cm

【ブログ】BJF設計の新作コンプ!One Control Lemon Yellow Compressorご予約受付開始!

【ブログ】BJF設計の新作コンプ!One Control Lemon Yellow Compressorご予約受付開始!

【ブログ】デジマートマガジンにEventide H9 Maxのレビューが掲載!

【ブログ】デジマートマガジンにEventide H9 Maxのレビューが掲載!