【ブログ 】レッチリのジョシュ・クリングホッファーが自身のバンド、Dot Hackerで使用するペダルボードがギタマガに掲載!

【ブログ 】レッチリのジョシュ・クリングホッファーが自身のバンド、Dot Hackerで使用するペダルボードがギタマガに掲載!

ギターマガジン2015年5月号に、レッチリの現ギタリスト、ジョシュ・クリングホッファーが、もう1つの自身のバンド、Dot Hackerで使用するペダルボードが掲載されています!

ご覧のとおり、素晴らしいボードです。

BOSS TU-2、BOSS CE-2、BOSS VB-2、BOSS DM-2、BOSS DD-6、BOSS PS-3、Klon Centaur(ゴールド、ロングテール)、Ibanez TS808(ヴィンテージかリイシューか、モディファイ品かは不明。ヴィンテージだとすれば1981年製)、Ibanez BS10、JHS Pedals Warble TronColour BoxPanther CubEarthQuaker Devices Afterneath、Dispatch Master、mwfx JudderとMini Judderが接続されています。

また、Dot Hackerのもう1人のギタリスト、クリント・ウォルシュのボードも掲載されています!

t.c.electronic Polytune、Ibanez TS808(ヴィンテージ、1979-1980年製)、Ibanez BS10、Electro-Harmonix POG2、BOSS VB-2、CE-2、Fulltone Supa-Trem、Strymon Deco、blueSky、TimeLine、MXR Carbon Copy Analog Delay、Z.Vex Super Hard On、そしてJHS Sweet TeaEqrthQuaker Devices Hoof ReaperGrand OrbiterDispatch MasterCatalinbread Montavillian Echoが接続されています!

レッチリのギタリストとして、そしてDot Hackerのギタリストとして、いろいろな想いなどが語られていて、とてもおもしろいです。ギターマガジン2015年5月号、是非ご覧になってみてください!

【ブログ】一番初めのSovtekマフを再現!人気のStomp Under Foot Civil War!

【ブログ】一番初めのSovtekマフを再現!人気のStomp Under Foot Civil War!

【ブログ】ラムズヘッドを再現!Stomp Under Foot Ram's Head、そしてアーミーグリーンのバブルフォント期を再現!Green Russian!

【ブログ】ラムズヘッドを再現!Stomp Under Foot Ram's Head、そしてアーミーグリーンのバブルフォント期を再現!Green Russian!