【アーティスト】

TAXMAN

 

【バンド】

BAWDIES

 

 

【使用機材&コメント】

2011年12月現在のペダルボードです。

WATTSON CLASSIC ELECTRONICS FUZZ「FY-6」(写真右端)は新曲RED ROCKET SHIPのサビのリフで使いました。

ビンテージ感もありつつ、音も潰れないのでかなり使いやすいです。

僕らのようなROCK'N'ROLLバンドにはやっぱこの手のファズが合いますね!

 

 

MAD PROFESSOR SWEET HONEY OVERDRIVE(写真上側)は、レンジの広さと中低域の音の抜けがかなり良いのでオーバードライブとしてではなくてブースターとしてライブでは常に踏みっぱなしの状態で使用しています。
ギターやアンプ本来の良い部分を損なわずに音圧を純粋に上げてくれるって印象で、かなり気に入って使ってます!

 

THE BAWDIES 「RED ROCKET SHIP」

※サビ部分でWattson Classic Electronics / FY-6が使われています。

  特に3:01~エンディングにかけてのリフは必聴です!

 

・Wattson Classic Electronics  FY-6

・Mad Professor Sweet Honey Overdrive

・Catalinbread Stereo Semaphore Tap Tremolo

 

・THE BAWDIES公式ページ