2016年

9月

14日

使いやすいロシアンマフはダメですか?コンパクトな中に出来る限りを詰め込んだアーミーグリーンマフペダル!Foxpedal Defector即納可能です!

ヴィンテージビッグマフというのは不思議なペダルで、大きくて重たく、角の尖った筐体や脆弱な内部配線、頑丈そうな割に壊れやすいスイッチなど、ダメなところが魅力になるような美学を持っています。

しかし、やはりそこに求められる音色があってこその魅力だと思います。では、そのサウンドを完全に網羅した上で機能をさらに満載し、しかもコンパクトで使いやすいファズがあればどうでしょう。

Foxpedal Defectorは、ロシアンマフと呼ばれるアーミーグリーンなヴィンテージビッグマフ回路に、独立したブースターや内部サチュレーションコントロール、ミッドレンジコントロールを加えました。クリッピングも切替えられます。その結果、オリジナルサウンドだけでなく狂気の発振ファズサウンドすら網羅する、とんでもないマフペダルが完成しました。

フットスイッチはクリックレス。余計なノイズも出ません。操作性に高い配慮がなされていますね。

内部もモダンな印象ですが、よく見ればトランジスタを使ったディスクリートな古い構造です。オリジナルを尊重しつつ、今の時代の機能を詰め込んだビッグマフです。

この“ファズインテリジェンスオフィサー”は、自由の国に亡命するための取引材料に、こっそりと“国家機密”を持ち出そうと、小さなケースの中に出来る限り、唯一無二の祖国のファズサウンドを詰め込んで国境を超えました。
クラシックロシアンマフトーン。クレムリンが最も恐れた情報が流出し、誰でもあのサウンドを楽しむことができるようになったのです。

Defector(亡命者)と名付けられたこのファズペダルは、そんな物語をイメージし、ロシア製のビッグマフサウンドを基本としたファズペダルです。

PreスイッチでON/OFF可能な、独立したクリーンブースターを搭載し、ファズサウンドをプッシュすることができます。(このクリーンブースターは単体で使うことも出来ますが、これは極秘事項です。)
Midsノブを使えば、クラシックなビッグマフ同様にミッドレンジを大きく削ることも、ミッドレンジを強調したトーンを作ることも出来ます。

Clipスイッチを使えば、ロシアンマフのクラシックなシリコンクリッピングに加え、よりオープンなアタックを持つLEDクリッピング、さらに両方を使用する強力なクリッピングを選択することも出来ます。

裏蓋を取り外せば、シグナルのサチュレーションを微調整できるトリムポットにアクセスすることも出来ます。このポットのセッティングにより、極秘のファズフィードバックモードをアンロックすることも出来ます。
このモードは高度にインタラクティブで、そして危険です。ファズの革命が起こるかもしれません。

●特徴
・クラシック4ステージトランジスタファズ
・独立したライナープリブースト
・狂気のトーンを作るフィードバックモード(Saturationトリムポットの設定)
・3Wayクリッピングスイッチ
・倍音成分やミッドレンジをコントロールするMidsコントロール
・ハンドワイヤード
・ノイトリック製トップマウントジャック
・ソフトタッチスイッチ
・9VセンターマイナスDCアダプターで駆動

●筐体サイズ
6×11×4cm

※電池はお使いになれません