2016年

8月

11日

強烈な個性を放つエフェクターブランド、BuGGFX Pedals入荷!圧巻のフィルタードディレイ、Daydreamあります!

ディレイをかけるごとに音程を変え、それが原音と混ざり合い、さらに音程の変わるディレイがかかる…その繰り返しが創りだす圧倒的な世界。それがこのペダル、BuGGFX Pedals Daydreamです!

BuGGFX Pedalsは、アメリカ、ジョージア州リーズバーグにてロバート・バードがエフェクターを制作する小さなエフェクターブランドです。デザイン、アセンブルなど全ての工程をロバート・バードが一人で行っています。

BuGGFX Pedalsは、もともとは1ギタリストであるロバート・バードの趣味から始まりました。常にギタリストであることを基本としており、エンジニアやセールスマン、CEOとは違った視点でエフェクターを制作します。

そう、趣味から始まっただけあって、一切の"媚び”がないんです。一本貫き通すような覚悟を持ったサウンドとでも言うべきでしょうか。本当に欲しい音を追求したら完成した、そんなペダルです。

ディレイがかかるごとに様々なフィルタがかかり、アルペジエーターのような音が出来上がります。上手く設定すればスケールに沿ったサウンドにもなりますし、あえての不協和音を楽しむにも最適です!

BuGGFX Pedals Daydreamは、独創的なマルチバンドフィルターディレイです。入力されたシグナルは複数のパラレルシグナルパスに分けられ、それぞれ個別にディレイとフィルターがかけられます。

そして改めてシグナルがまとめられ、最後にオリジナルシグナルとミックスされ、世界へと出力されます。

まるでペダルの中が別の世界とつながっているかのようなサウンド。魔法がかけられたような音色を作ることができます。

●コントロール
Time:ディレイタイム
Feedback:リピート回数
Width:フィルター間の間隔
Mix:エフェクトシグナルとクリーンシグナルの割合
Mode:フィルターのかかる方向の切替え
Volume:全体の音量(最大+6dbのブーストが可能)

●スペシフィケーション
・24bit、48kHzデジタルシグナルパス
・アナログドライスルー
・スタンダードセンターマイナスDC9Vアダプターで駆動
・トップマウントジャック
・トゥルーバイパス
・サイズ:11.7×6.4×5.7 cm

電池はお使いになれません。