2016年

8月

09日

ボディエンドピンジャックにしっかりストラップを固定!Acoustic Strap Secure!

エンドピンジャックにストラップを取り付けるタイプのギターは、エレアコなど多くのモデルがあります。

ここにストラップロックを付けることができたら、どれほど安心してプレイができるでしょうか。

Acoustic Strap Secureは、エンドピンスタイルのアウトプットジャックを持つアコースティックギターにストラップを安全に取り付けるための新定番です。

※アコースティックギターに於いて、単にエンドピンと言うとブリッジピンを指すこともありますが、ここではボディエンド側のストラップピンをエンドピンと呼んでいます。

アコースティックギターにピックアップが搭載されている場合、そのアウトプットジャックがストラップを固定するエンドピンと一体化されたタイプを採用していることが多いです。

しかし、この一体化されたエンドピンジャックは合理的である一方、ストラップピンとして見ると耐久性が低く、また取り付けて外すだけでストラップが摩耗してしまうという問題点があります。

そこで、Acoustic Strap Secureの登場です。通称A.S.S.と呼んでいます。

A.S.S.にはストラップピンジャックの形状に合わせた2種類のバージョンを制作し、それぞれ本体のサイズ、素材によりお好みのモデルを選択いただけます。

モデル名が“38”から始まるA.S.S.は3/8インチ×32 tpiスレッド(一般的なインチサイズ)のFishman、Switchcraft、K&K Soundsのフラットストックストラップボタンなどのエンドピンジャックにフィットします。

モデル名が“M9”から始まるA.S.S.はL.R.BaggsやK&K Soundsのラウンドストックストラップボタンなど、M9×0.75スレッド(一般的なミリサイズ)の多くのエンドピンジャックにフィットします。

オリジナルモデルは1インチ径のため掴みやすく、ストラップの取り付けや取り外しが楽に行えます。

Miniモデルは3/4インチ径でスマートな見た目となります。

モデル名のBとSは素材の違いです。Bはソリッドブラス、Sはステンレススティールを使用しています。

Acoustic Strap Secureの取り付け方は簡単です。まずストラップを外し、元々付いていたストラップピンを取り外します。その後、ストラップの穴にA.S.S.を通してエンドピンジャックに取り付けます。

取り付けに工具は不要。簡単にしっかりとストラップを固定することができるようになります。

ストラップを安全に固定するためのデバイスはいろいろ発売されています。A.S.S.は、これらの多くのデバイスと違い、いくつものパーツはありません。A.S.S.本体が1つ、それだけです。

ある日気づいたらナットやワッシャーなどパーツの一部が消えていた……というようなこともありません。

さらにA.S.S.は、ストラップを取り外した時にもストラップ側に付けたままにしておくことができるため、紛失の可能性を大きく低減できます。

また、A.S.S.はソリッドブラス製、またはステンレス製です。アコースティックギター用のストラップ固定器具にはプラスチックや革を使ったものが多いですが、A.S.S.の耐久性には遠く及びません。圧倒的な耐久性と簡単な運用性、これがA.S.S.です。

A.S.S.は、ストレートタイプのケーブルだけでなくL字型ケーブルでも問題なくお使いいただけます。

※A.S.S.はエンドピンジャックにのみご使用いただけます。ジャック一体型ではないタイプのスタンダードなストラップピンにはご使用いただけません。

※A.S.S.はL.R.Baggs、Fishman、Switchcraft、 K&K Soundsをはじめとする、多くの一般的なエンドピンスタイルアウトプットジャックに適合しています。一部、独特なギターの形状やジャック、ストラップにはご使用いただけない場合があります。ストラップやギターは付属していません。

※Acoustic Strap SecureはL.R.Baggs、Fishman、Switchcraft、K&K Soundsとは一切関係ありません。