2015年

9月

22日

極上のリングモジュレーターなら!Fairfield Circuitry Randy's Revenge!


リングモジュレーター。“掛け算”が当たり前の波形の世界に“足し算”の概念を加え、独創的で過激な音作るエフェクトです。

ただの飛び道具と言ってしまえばその通りかもしれません。しかし、そのサウンドに徹底的にこだわると、こんな美しい音が生まれます。


Fairfield Circuitry Randy's Revengeほどのリングモジュレーターはなかなか存在しません。まさに最高級のリングモジュレーターをコンパクトな筐体に納めたペダルです。

スタンダードな9Vアダプターで駆動し、完全にアナログ回路で製作された、ピュアなサインウェーブオシレーター、ローパスフィルターが、上質で音楽的なサウンドを作ります。そこには、ワープスピードの宇宙旅行のような世界が待っています。それがRandyのハードウェアを扱う際の常識です。


LFO(Lower Oscillator Frequencies)は、リッチなトレモロ/バイブエフェクトを作ります。超絶にスローな揺れから、リズミカルな味わいを持つ揺れにまで対応。周波数が上がるごとに、まさに鐘のような音色やシンセサイザーのようなサウンドが作られていきます。

そして、ローパスフィルターのカットオフ周波数やDry/Wetのミックスを調整していくと、変わった音になったり、理想通りの音になったり、様々な変化を見せます。

さらに、CV(Control Voltage)によるエクスプレッションコントロールに対応。他のCVデバイスでコントロールすることができます。ステレオCVに対応し、エクスプレッションペダルや2チャンネルのCVポートをお使いいただけます。オシレータとローパスフィルターはどちらもCVコントロールが可能で、さらに本体のオシレータはスタンドアローンのVCO(Voltage Controlled Oscillator)へと出力することもできます。

CVによるコントロールや内部オシレータの出力は、本体内部にあるDIPスイッチでプログラムできます。


特徴

・voltage controlled oscillatorのフリーケンシーをFreqコントロール、もしくはCV Inputにてコントロール可能

・フリーケンシーレンジをHigh/Lowで切り替え可能

・スクエア波/サイン波を切り替え可能

・ローパスフィルター搭載

・ウェット音とドライ音のブレンドをMixノブでコントロール可能

・トゥルーバイパス・スイッチング

・9Vセンターマイナスアダプタ(EPA-2000推奨)に対応

※電池駆動はできません。