2015年

8月

25日

DEAD ENDのYOUさんに、One Controlエフェクターのコメントをいただきました!

あのDEAD ENDYOUさんから、One Controlエフェクターのコメントをいただきました!

数々の伝説を持つDEAD ENDのギタリストとして活躍される足立祐二ことYOUさん。公式ブログも必見です。

 

Persian Green Screamer


このPersian Green Screamer、まず最初に、色を見てそれ系かな?と感じたんだけど、

実際に音を出してみると、ちょっとニュアンスが違う。

まず、トーンを右に回さなくても、とてもヌケの良いサウンドが出るし、

オリジナルTS系の良い所でもあり、問題点でもある、モタツキ感も無い。

しかも、高級ブティック系ドライブ・ペダルにありがちな、ウルサさも無い上に、

オリジナルの筐体の効果なのか、ノイズも凄く少ないし、筐体のコンパクトさも特筆すべき点である。

筐体がデカくて喜ぶプレイヤーは少ないと思うんだけど、

コンパクトって事は、限られたボードのスペースを有効に使える事を意味してるし、

それに、筐体が軽いのも凄く嬉しいよね。

あと、スイッチで、VintageモードとModernモードを切り替える事が出来るんだけど、

このスイッチで、結構ニュアンスが変化するし、自分は、Modernモードでゲインを低く設定。

もちろん、プレイする音楽やプレイ・スタイルにもよるし、シングル・コイルなのかハムなのかでも、

このスイッチのチョイスは変わってくると思うんだけど、Modernモードで、18V駆動させた時のサウンドは、本当に秀逸。

リズムギターの時は、18V駆動だとパンチがあってバッチリなんだけど、

ソロを録る時は、18Vだと、ちょっとウルサい時もあるんで、通常の9V駆動でも何の問題も無し。

ゲインの幅が広いので、色んな音楽に対応出来ると思うんだけど、

これを1台ギター・ケースに入れておくと、色んな現場で活躍すると思うし、

これが、こんな驚く様な安い値段で手に入るだなんて、本当に信じられないよ。

店頭で見掛けたら、是非、チェックしてみてね。

YOU


Purple Humper


このPurple Humperも、他の機種と同時期に入手したんだけど、

シンプルなミッドレンジ・ブースターなのかと思いきや、ちょっとニュアンスが違う。

自分も、沢山のブースターを試して来たんだけど、そのほとんどは、全てが太くなり過ぎるって事が問題点であった。

例えば、クリーン・チャンネルで使うのには最適なんだけど、

リード・チャンネルで使うには、ローエンドがボヤけてしまい、ハイエンドも必要以上に出てしまうので、

厚みは出るが、肝心のミッドレンジが失われている様に感じる事が多かった。

今までのブースターだと、歪んだ状態のアンプにドライブ・ペダルと一緒にオンにするのは、本当に難しかったんだけど、

このPurple Humperは、今までのブースターとは全然違う。

まず、このPurple Humperをオンにしてソロを弾くと、単純にイイ感じになるんだけど、

このイイ感じになるって事が、個人的には物凄く重要。

多くのギター・プレイヤーは、周波数云々には興味の無い人も多いと思うし、

オンにしただけで、最大の効果が得られるって事が如何に重要かが判るね。

このPurple Humperは、余計な周波数を持ち上げないので、

自分の気に入ってるドライブ・ペダルと併用するのが比較的簡単なんだけど、

リズム、ソロを問わず、常にオンでも問題無いくらい艶っぽいサウンドになる。

久しぶりに、常時オンにしたいブースターに出会ったんだけど、

ウルサく無いブースターを探してるプレイヤーは、ホント、要チェックだよっ。

YOU


Strawberry Red Over Drive


これも、他の2機種と同時期に入手したんだけど、

これは、自分が持っているOne Control のどのペダルよりも刺激的なサウンド。

このStrawberry Red Over Driveは、オーバードライブの中では、比較的ゲインの高い部類に入ると思うんだけど、

ドライブのツマミを右に回していっても、音が全然潰れない。

通常、ゲインの高いオーバードライブの場合、ゲインを上げていくと、音が飽和し潰れていく物も少なく無いんだけど、

これは、全くと言って良い程、それが無いね。

どんなセッティングでも、タイトなサウンド。

ローエンドが太過ぎないので、フロント・ピックアップにした時も、音がボヤけないし、

パワーのあるフロント・ピックアップの場合、ゲインを高く設定してると、

巻弦では何を弾いてるのか判んないって現象に陥りやすいんだけど、

このStrawberry Red Over Driveは、とてもタイトなサウンドなので、フロント・ピックアップでもバッチリだね。

あと、ギターのボリュームを下げた時のトーンも落ち着いていて秀逸なんだけど、

ボリュームを全開にした時の嵐の様なサウンドも、驚く程凄いね。

ゲインが高いって聞くと、ヘビーなサウンドが似合いそうだけど、

ギターのボリュームを下げた時のトーンが素晴らしいので、想像以上に色んな音楽に合うと思うし、

コンパクトで刺激的なサウンドを求めているプレイヤーには、是非、試してもらいたいよっ。

YOU


YOUさん、ありがとうございました!