2014年

12月

09日

新ブランド、Stephen Douglas Design取扱開始!理想のオーバードライブを目指した「Leona」!


新しいエフェクターブランド、Stephen Douglas Designの取扱が始まりました!現在全モデル即納可能です!

理想のオーバードライブを目指して作られたというLeonaも即納可能です!


Stephen Douglas Designは、アメリカ、テキサス州でステファン・ダグラスが制作するエフェクターのブランドです。

ステファンは、ギターを弾き始めてからエフェクターへの情熱に燃え、多くのエフェクターを使って様々なトーンを作ってきました。

2008年には、遂にエフェクターの販売を一人で始めます。この経験は、ギターのステップアップと同時に、数々のビルダーとのリレーションシップの機会もありました。その1人が、ライアン・カークランド(Skinpimpの設立者)です。

2011年、ライアンの勧めで、Skinpimpでハイエンドファズやオーバードライブペダルの制作に携わり、ハイクオリティで素晴らしいサウンドのペダルの制作を学びました。ライアン・カークランドのお陰で、エフェクターの販売ではなく、制作という別の一面を知ることが出来たのです。

そして2012年6月、Stephen Douglas Designがスタートしました。

常に最良のトーンと品質を求め続けます。


Stephen Douglas Design Leonaは、とても変わったドライブペダルです。伝説的なビルダー、ライアン・カークランドのデザインしたオリジナル回路をルーツとします。

その回路と音色をルーツにしますが、Leonaは随所に変更を加え、全く違う回路に仕上がりました。理想のオーバードライブを作るため、ブレッドボードの前で数々の抵抗やトランジスタ、キャパシタ、ポットなど、回路を構成する全てのコンポーネンツを見直しました。そして、遂に完成したのです。

Leonaはただのオーバードライブではありません。クリーンブースターやファズの領域にまで踏み入れます。ステージを通して使用できる、ギターの基礎のトーンを作るのには最適です。ただし、Leonaはトランスペアレントドライブではありませんので、ご注意ください。

Gainコントロールを最小に、Volumeコントロールを高く上げればクリーンブーストが可能で、Volumeの設定によりヴォリュームカットもできます。Gainを少し上げると上質なクランチとなり、一日中クランチリズムを弾いていたくなります。さらにGainを上げれば、強いサステインのリードトーンが得られます。Gainを最大近くまで上げれば、ファズ/ディストーションの世界です。Big Muffを思わせるサウンドですが、さらにオーバードライブ寄りでコントローラブルです。ギターのヴォリュームを下げれば簡単に歪みを調整でき、そのままクリーンまで戻すことができます。Gainコントロールの位置で世界が変わるドライブペダルです。


Stephen Douglas Designのビルダー、ステファン・ダグラスは長年、Leonaのルーツとなったペダルを愛用し続けてきました。そのペダルはファズペダルで、ミッド~ハイゲインできらびやかなファズサウンドを作ります。Leonaは、その素晴らしいサウンドに加え、さらにロー~ミディアムゲインもカバーし、フルレンジなゲインコントロールが出来るドライブペダルに仕上がりました。

Leonaという名前は、テキサス州の小さな街から来ています。そこはステファン・ダグラスの祖父母の生地であり、また幼少期を過ごした地でもあります。181人という人口の街ですが、数々の基礎となることを学びました。

Leonaは、常時ONにしてお使いいただける、ギタートーンの基礎となるペダルであって欲しいと思い、名付けられました。


LeonaはスタンダードなセンターマイナスDC9Vアダプターで駆動します。他のペダルと電源を分岐してのご使用はできません。個別にアイソレートされた電源をご使用ください。電池はお使いになれません。

コントロール(左から)

Volume, Tone, Gain