2014年

8月

18日

Tone Bypassも装備!完全なICマフ発展型!Dreamsicle!

新しく取扱の始まったBlakemore Effects。ビルダーが最も好きなファズペダルをコンパクトに再現しました!

Blakemore Effects Dreamsicle Fuzzは、Blakemore EffectsのBlake Hickeyのフェイバリットエフェクトを元にした、ファズ/ディストーションペダルです。

そのエフェクトは、長い歴史の中でほんの短い期間だけ作られた、ICを搭載したファズペダルで、かつて世界的なロックバンドが数百万枚のヒットを飛ばした際に使用されたものとしても有名です。

オリジナルモデルは入手が難しく、またその筐体はサイズばかり大きくて耐久性はそれほど高くありませんでした。

そこで、Blakemore Effectsではもっと手軽に、高耐久性かつコンパクトなモデルを制作しようと考えました。

そして完成したDreamsicle Fuzzは、オリジナルモデルのサウンドを再現。さらに元々スライドスイッチだったTone Bypassスイッチをフットスイッチに変更し、演奏中のリードブーストをも可能としました。(Tone Bypassにすると、元々のTone回路でカットされていた信号が出力されるため、+6dB程度のブーストができます。また、Tone Bypass中はToneノブは効きません。)

・コントロール

Volume、Fuzz、Tone

Blakemore EffectsのBlake Hickey(ブレイク・ヒッキー)は、2011年11月にBlakemore Effectsをスタートさせたエフェクトビルダーです。

元々2006年頃からエフェクターの制作をはじめ、友人や自分のためのペダルを制作していましたが、その高いクオリティに多くのプレイヤーが驚き、ついにブランドとして独立するに至りました。

数々の実験を繰り返し、独自の機能と個性を持ったペダルを制作するBlakemore Effectsは、全てのペダルをハンドメイドで制作しています。全てデトロイトで制作されるMade in USAのペダルです。