2014年

4月

12日

[Mojo Hand][Iron Bell]ピンクフロイド全開!Mojoi Hand Fx Iron Bell、新デザイン!

Mojo Handの人気ファズペダル、デヴィッド・ギルモアのトーンを再現したIron Bellが、新デザインとなりました!

ギルモアリードトーンこそが自分のトーンの目指すべき道と信じ探し続けるギタリストはなんと多いことでしょう。

多数の無数のファズ、オーバードライブやブースターを時代ごとにさまざまなアンプのトーンで使い分け、そしてあの壮麗でいてリッチなトーンを作り出し、ロックギターの歴史のエポックトーンとなっています。

彼のあのトーンを語るうえで欠かせないペダルがあの伝説的なトライアングルなのですが、ファズ単体であのトーンを作ることは事実上不可能です。

彼のあのトーンはあのファズと時代によって違う様々なペダルを使いこなすことにより実現できた産物であり、それを定義し再現することは極めて難しいとされています。



このアイアンベルはいかなるマフ回路もベースとなっていません。

ベーシックなそれよりもさらにレンジを広げながらもなおフォーカスを失っておりません。

倍音部分はまるで3Dのようにリッチで広がりをもって聞くことができるでしょう。

コントロールノブについてですが、ベーシックなボリュームとゲインノブを持ち、さらにトーンとカラーノブを用いて相対的なトーンのイメージを作り上げます。

このアイアンベルは’ギルモアボックス’を作るために作成されたわけではありません。

無数の微調整することのできるファズを作りあげることによりあのトーンを再現することができるようになれればいいと考えたためのものでした。

このアイアンベルはあなたのトーンを具現化し、あなたの想像力の良きパートナーとなることができるでしょう。