2013年

12月

29日

全世界200台限定!非常にレアなビッグマフを再現しました!Mojo Hand 1978!

1970年台後半、有名なビッグマフが大きなデザインの変更を行いました。

最も有名なビッグマフペダル、通称3rd/第3期のビッグマフの誕生です。

この時期のビッグマフは、最初期はラムズヘッドと同じ基板、その後電源スイッチがトーンバイパスになったモデルとなりますが、短い間のみ、トランジスタではなくOpampを使った回路が使われていた時期があります。

Mojo Hand Fx 1978は、長い歴史を持つビッグマフペダルの中でも異色な、オペ・アンプバージョンと呼ばれるモデルを元に制作されたファズペダルです。

この独特のビッグマフは、トランジスタの代わりにICを使って作られています。そのため、他のビッグマフと比べると扱い易さと違和感が同居するという変わったペダルです。

音色は同時期の"第3期"ビッグマフと比較するとさらに生々しく、非常にアグレッシブな歪みが特徴です。ギターのヴォリュームを絞ればクリーンになったりするような、生易しいファズペダルではありません。ひたすらに重く歪ませる、そんなジャンルには最適ですが、ジャズ・スタンダードやワルツのようなサウンドには不的確です。

オペ・アンプバージョンのビッグマフだけが持つ、この獰猛さ。とくと味わってください。

Mojo Hand Fx 1978は、高耐久性のダイキャストケースを用いて、トゥルーバイパスで制作されています。センターマイナスの9Vアダプター、または9V電池で動作します。

Mojo Hand Fx 1978は、全世界200台のみの限定生産です。