2013年

12月

16日

クリープハイプの小川幸慈さんのジャズマスターにはMastery Bridgeが使われています!

Fender JazzmasterやJaguarなど、スクリュータイプのサドルに起こりがちな弦落ち。特にフローティングトレモロとの組み合わせは、弦がサドルを抑えるテンションがどうしても低くなり、弦がサドル上でずれてしまうことがよくあります。

多くのギタリストはその問題に対して様々な方法で対策を取っています。

Mastery Bridgeは、ジャズマスタージャガームスタングなどに使用できるブリッジで、独特な構造により弦落ちを防止するとともに、現振動を確実にボディへと伝え、さらに見た目も美しいことから大変人気の高いブリッジです。

このMastery Bridgeを、クリープハイプの小川幸慈さんもご使用されています!

 

ギタマガ10月号より。以前からメインの白いジャズマスターにはMastery Bridgeをお使いいただいていたんですが、今回ツアーが終わったということで、新たにゴールドのAmerican Vintage 65 JazzmasterにもMastery Bridgeが搭載されました!

なお、ツアーで使用されたエフェクトボードがこちらです。

Mastery Bridgeは、WilcoやSonicYouth、Elvis Costelloといった世界のアーティストも使用しているブリッジです。

ジャズマスタージャガーの悩みを解決する素晴らしいアイテムです!