2013年

9月

11日

Mad Professor Sky Blue Overdrive、新Textureノブについて

Mad ProfessorのSky Blue Overdriveは、非常に評判の良いオーバードライブです。

たくさん売れているとか、大人気のペダルではありません。Mad Professorの中では初期からある、長いこと作られているペダルですが、少しずつ売れています。

このペダルは、確かに人気モデルではないんですが、お買い上げになったお客様からの評価が圧倒的に高いです。

独特の、少しディストーションの風合いがあるサウンドで、ローゲインでは美しいクランチ、ハイゲインでは激しく重たい歪みが得られるペダルです。

また、入力インピーダンスを調整するZノブと、音色を微調整するTextureノブが付いていますが、正直これらはほとんど音が変わりませんでした。あまりにマニアックすぎる、それも人気モデルにならない原因かもしれません。

Mad Professorでは、このたびTextureノブを新しくしました。

SBODの持つ音を変えたりすることなく、効果範囲を広げ、Toneコントロール的な操作感としたことで、よりコントローラブルに、より使いやすいペダルになりました。

Zノブは相変わらずあまり変化しませんが、Textureノブに関しての使いやすさは激変したと言えます。

実は、Mad Professorではこの操作を実現するため、Textureノブに特殊な加工を行っています。

このとおりです。

入荷時の検品中、Mad Professorにしては珍しい故障品かと思って驚いたんですが、確認してみるとあえてポットの先端を切り取って使用しているということでした。

また、内部も少し変わりました。回路やパーツが変わったというのではなく、より強固に基板をガードするブラックボックス仕様となり、音はそのままに、強靱さ、堅牢さを実現しました。

ブラックボックスの奥にはポットが付いています。見ての通り、Textureノブにのみ、違うノブが使われています。

ただ、ここで少しだけご注意があります。

音と操作性を優先した仕様となっています。ただそのためにTextureノブは、最小や最大の位置から無理に動かしたりすると、ノブが他のVolume、Distort、Zよりも外れやすくなっています。

ノブが外れてしまっても、すぐに取り付けることはできますので、それ自体は仕様上問題はないのですが、その点だけご注意いただく必要があります。

恐れ入りますが、その点だけご留意の上、ご注文いただければと思います。