2013年

7月

30日

場所を取らない、ノイズリダクション!Mooerニューモデル、Noise Killer入荷!


Mooerから新製品、Noise Killerが入荷しました!
このNoise Killerは、世界で高い人気と支持を受けたノイズリダクションを徹底的に研究し、Mooerならではのスイッチを付けたノイズリダクションです。
Thresholdノブと、ノイズリダクションのかかりを強弱で切り替えるスイッチで、使い方に合わせた設定が可能です。

ノイズリダクションは、ある一定のしきい(Threshold)に満たない信号をカットするものですので、この値を大きくしすぎるとサステインが切れてしまうような効果になります。
そこでその伸ばしたいサステインが自然に減衰する音量と、ノイズリダクションをかける値のバランスの設定が難しいです。
そこで、この効き具合を切り替えるスイッチにより、その設定の幅を少し広げることができます。

ノイズリダクションだからこそ、ボードのスペースを邪魔しないミニサイズで、そして使いやすく高性能なものが必要です。