2013年

7月

28日

足下のオーバードライブのポテンシャルを、さらに上げてみませんか




ギタリストにとって、オーバードライブほど手放せないエフェクターはありません。
ご自分の好みやスタイルに合ったオーバードライブをそれぞれお持ちだとお持ちだと思います。

そのオーバードライブのポテンシャルをさらに上げてみたい。
そうお考えなら、最適なエフェクターがあります。



Keeler Designs Pull。このペダルは、ローゲインなオーバードライブやブースターとして使うことのできるペダルです。
単体で使っても、極上のオーバードライブサウンドが得られます。


チューブアンプをブーストするペダルとしても優秀で、ギターやアンプの音色を変えず、気持ち良いところをしっかりと持ち上げてくれます。



それでは、Keeler Pullの真骨頂をご紹介します。
この写真のように、メインでお使いのオーバードライブ(この場合はPush)の後ろにPullをつないでみてください。

すると、メインのオーバードライブやディストーションの音をそのまま変えることなく、音量をブーストすることができます。
それだけならブースターで事足りますが、Pullの力はここから。


Toneノブを使えば、さらに細かく音色を調整できます。
そして、このペダルの真骨頂は、Textureノブ。このノブが、メインの歪みが持つポテンシャルをさらに昇華させてくれます。
具体的には、このノブを左に回すと、メインオーバードライブの音がスムーズになり、リードに最適なサウンドに、右に回すと歪みにエッジが追加され、より迫力のあるトーンが得られるようになります。

Pull自体は透明で、個性はほとんどありません。
だからこそ、今お手元や足下にあるオーバードライブが、さらに進化するのです。

是非、お試しください!
また、PushとPullを合わせ、Pullを常時ONにして使うと、まるでマーシャルアンプのクリーンとドライブチャンネルのように使うこともできます。